ユベントス、独自ファントークンを発行【フィスコ・ビットコインニュース】

イタリアのプロサッカーリーグ「セリエA」に所属するユベントスは2日、ブロックチェーンを活用したチーム投票プラットフォーム「Socios.com」を通して、独自ファントークン(JUV)を発行したことを発表した。ファントークンはトークン1枚あたり約2ユーロ(約240円)で販売し、一部は拡張現実(AR)アプリ「トークン・ハント」を通じて無料で利用できるとしている。同トークンを保有したファンは、クラブの新しい公式ゴール祝福曲を決める投票権を得ることができる。候補曲4曲のなかから、ファントークンによる投票でゴ…

イタリアのプロサッカーリーグ「セリエA」に所属するユベントスは2日、ブロックチェーンを活用したチーム投票プラットフォーム「Socios.com」を通して、独自ファントークン(JUV)を発行したことを発表した。

ファントークンはトークン1枚あたり約2ユーロ(約240円)で販売し、一部は拡張現実(AR)アプリ「トークン・ハント」を通じて無料で利用できるとしている。

同トークンを保有したファンは、クラブの新しい公式ゴール祝福曲を決める投票権を得ることができる。候補曲4曲のなかから、ファントークンによる投票でゴール祝福曲が決定される。投票により決まった曲は、2020年のアリアンツスタジアムにおけるユベントスのホーム戦で、最初のゴール時に明らかになるようだ。

発表に際し、ユベントスの最高収益責任者であるジョルジオ・リッチ氏は「Socios.comを通して、世界中のファンと交流する新しい方法を開始する初のクラブチームとなったことを誇りに思う。この提携は、技術進化と技術革新がユベントスにとって、ファンと交流をもつ上で、どんなに重要かということを再認識させてくれた」とコメントを寄せている。

「Socios.com」は、世界初のブロックチェーン技術を活用したファン投票・報酬モバイルアプリ。フランス・パリのサンジェルマン、スペインのアトレティコ・マドリード、トルコ・イスタンブールのガラタサライSKなど、世界規模のクラブチームと提携している。


本メディア並びに本メディアの記事は、投資を促したり、特定のサービスへの勧誘を目的としたものではございません。また、投資にはリスクがあります。投資はリスクを十分に考慮し、読者の判断で行ってください。なお、執筆者、製作者、合同会社幻冬舎ゴールドオンライン、幻冬舎グループは、本メディアの情報によって生じた一切の損害の責任を負いません。