ビットコイン(BTC)急騰 背景にUSDTの大口送金か【フィスコ・ビットコインニュース】

仮想通貨市場は4日、ビットコインが急騰した。一時77万円(bitFlyer)まで価格を落としていたBTCは、4日22時に出来高を伴う急騰で、一時84万円まで高騰した。高値からは押し戻される格好となっているが、12月では最も高い変動率を記録した。また、同時刻帯に報じられた特大ニュースはないものの、大量のUSDTが急騰前にOKExに移動していることが確認されている。現時点で関連性は定かではないが、急騰30分前の日本時間9時26分から、70,009,991USDT、14,000,000USDTと計84,0…

仮想通貨市場は4日、ビットコインが急騰した。一時77万円(bitFlyer)まで価格を落としていたBTCは、4日22時に出来高を伴う急騰で、一時84万円まで高騰した。高値からは押し戻される格好となっているが、12月では最も高い変動率を記録した。

また、同時刻帯に報じられた特大ニュースはないものの、大量のUSDTが急騰前にOKExに移動していることが確認されている。

現時点で関連性は定かではないが、急騰30分前の日本時間9時26分から、70,009,991USDT、14,000,000USDTと計84,009,991USDT(91億円相当)の送金が大口を追跡するBOT「Whale Alert」より報告されている。

OKExは、デリバティブ取引の取組高でも、BitMEXに並ぶほど 市場シェアを拡大しており、送金情報に対するコメントでは、価格上昇との関連性を指摘するユーザーの指摘も相次いだ。

(記事提供:コインポスト)
CoinPost(コインポスト)は、日本最大級の仮想通貨・ブロックチェーン総合情報メディアサイトです。国内外の情報を迅速に捉え、考察も含めたオリジナル記事を配信しています。


本メディア並びに本メディアの記事は、投資を促したり、特定のサービスへの勧誘を目的としたものではございません。また、投資にはリスクがあります。投資はリスクを十分に考慮し、読者の判断で行ってください。なお、執筆者、製作者、合同会社幻冬舎ゴールドオンライン、幻冬舎グループは、本メディアの情報によって生じた一切の損害の責任を負いません。