ムニューシン米財務長官とパウエルFRB議長、米国のデジタル通貨発行必要ないとの結論【フィスコ・ビットコインニュース】

 中国の人民銀行や欧州中央銀行(ECB)が中央銀行のデジタル通貨発行に取り組む一方で、米国のムニューシン財務長官は米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長と協議した結果、米国が自国デジタル通貨を発行する必要はないという結論に至ったことを明らかにした。ムニューシン財務長官は5日、米下院金融サービス委員会での証言で明らかにした。仮想通貨「リブラ」プロジェクトに関して、フェイスブックがデジタル通貨を発行を望むのは構わないが、銀行の守秘義務、反マネーロンダリング法などに準じなければならないと強調した。さ…

 中国の人民銀行や欧州中央銀行(ECB)が中央銀行のデジタル通貨発行に取り組む一方で、米国のムニューシン財務長官は米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長と協議した結果、米国が自国デジタル通貨を発行する必要はないという結論に至ったことを明らかにした。

ムニューシン財務長官は5日、米下院金融サービス委員会での証言で明らかにした。


仮想通貨「リブラ」プロジェクトに関して、フェイスブックがデジタル通貨を発行を望むのは構わないが、銀行の守秘義務、反マネーロンダリング法などに準じなければならないと強調した。さらに、フェイスブックと数々の会合を重ねていると、証言で明らかにした。

仮想通貨ビットコインは5日反発。前日比3%前後高の水準で推移した。


本メディア並びに本メディアの記事は、投資を促したり、特定のサービスへの勧誘を目的としたものではございません。また、投資にはリスクがあります。投資はリスクを十分に考慮し、読者の判断で行ってください。なお、執筆者、製作者、合同会社幻冬舎ゴールドオンライン、幻冬舎グループは、本メディアの情報によって生じた一切の損害の責任を負いません。