BISのカルステンス氏、中銀はデジタルキャッシュで主導権を握るべき【フィスコ・ビットコインニュース】

 国際決済銀行(BIS)のカルステンス総支配人は4日の演説で、中央銀行は引き続き世界決算システムの心臓部にあることを確実にするため、デジタルマネー改革の中心になるべきだとの考えを示した。中央銀行には議論で最先端にある責任があり、さもなければ、大きなテック企業が先を越し、不公平に主導権を握る可能性があると警告している。カルステンス氏は金融システムの安定のリスクとなり得る新たな技術を無視してはならないと主張した。…

 国際決済銀行(BIS)のカルステンス総支配人は4日の演説で、中央銀行は引き続き世界決算システムの心臓部にあることを確実にするため、デジタルマネー改革の中心になるべきだとの考えを示した。

中央銀行には議論で最先端にある責任があり、さもなければ、大きなテック企業が先を越し、不公平に主導権を握る可能性があると警告している。カルステンス氏は金融システムの安定のリスクとなり得る新たな技術を無視してはならないと主張した。


本メディア並びに本メディアの記事は、投資を促したり、特定のサービスへの勧誘を目的としたものではございません。また、投資にはリスクがあります。投資はリスクを十分に考慮し、読者の判断で行ってください。なお、執筆者、製作者、合同会社幻冬舎ゴールドオンライン、幻冬舎グループは、本メディアの情報によって生じた一切の損害の責任を負いません。