SBIとGMO、米テキサス州でマイニング事業開始か=ブルームバーグ報道【フィスコ・ビットコインニュース】

SBIホールディングスとGMOインターネットが8日、米テキサス州で暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)のマイニング(採掘)事業を始めることが、8日付のブルームバーグの報道により明らかとなった。同報道によれば、関係者によると、SBIホールディングス傘下のSBIクリプトとGMOは、ドイツのマイニング企業ノーザン・ビットコインの子会社である米ホインストーンと提携するという。3社は今後数カ月以内に採掘を始めることで合意したと報じられている。なお、3社の広報担当者はコメントを控えるとしているもよう。ノー…

SBIホールディングス<8473>とGMOインターネット<9449>が8日、米テキサス州で暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)のマイニング(採掘)事業を始めることが、8日付のブルームバーグの報道により明らかとなった。

同報道によれば、関係者によると、SBIホールディングス傘下のSBIクリプトとGMOは、ドイツのマイニング企業ノーザン・ビットコインの子会社である米ホインストーンと提携するという。3社は今後数カ月以内に採掘を始めることで合意したと報じられている。なお、3社の広報担当者はコメントを控えるとしているもよう。

ノーザン社は、米テキサス州のロックデールに世界最大規模のマイニング施設を建設中だ。2020年第1四半期に1段階目の工事が完了する見通しであり、採掘能力は300メガワット以上と世界最大規模になるという。第4四半期に全3段階の工事が終了予定で、最終的に総容量は1ギガワットに達するとみられている。


本メディア並びに本メディアの記事は、投資を促したり、特定のサービスへの勧誘を目的としたものではございません。また、投資にはリスクがあります。投資はリスクを十分に考慮し、読者の判断で行ってください。なお、執筆者、製作者、合同会社幻冬舎ゴールドオンライン、幻冬舎グループは、本メディアの情報によって生じた一切の損害の責任を負いません。