日本暗号資産市場、暗号資産古物市場主の許可を取得 世界初【フィスコ・ビットコインニュース】

日本暗号資産市場株式会社は19日、3月17日付で東京都公安委員会より古物市場主の許可を取得したと発表した。暗号資産(仮想通貨)による取引が可能な仮想通貨古物市場は世界初であるという。また同時に、古物市場の開催に伴い、参加希望の古物商の募集を開始したと発表。今春に向け、古物商を対象とするプロ向けオークションサービスを公開する予定のようだ。日本暗号資産市場は2019年11月に創業し、2020年2月に東京都公安委員会より古物商の許可を受け、古物商として営業を開始していた。仮想通貨とモノの取引市場をつくるこ…

日本暗号資産市場株式会社は19日、3月17日付で東京都公安委員会より古物市場主の許可を取得したと発表した。暗号資産(仮想通貨)による取引が可能な仮想通貨古物市場は世界初であるという。また同時に、古物市場の開催に伴い、参加希望の古物商の募集を開始したと発表。今春に向け、古物商を対象とするプロ向けオークションサービスを公開する予定のようだ。

日本暗号資産市場は2019年11月に創業し、2020年2月に東京都公安委員会より古物商の許可を受け、古物商として営業を開始していた。仮想通貨とモノの取引市場をつくることで、スタートアップの社会課題の解決につなげることを目指しており、ブランド品をはじめとする古物を法定通貨と仮想通貨で売買しているという。今回の古物市場主許可の取得を受け、今後は古物市場主としての営業開始に向けて尽力していくとしている。

古物市場主の許可を取得したことで、プロ向けオークションサービスの開催が可能になるとしており、今後について、同社は「あらゆるモノが法定通貨、仮想通貨両方で入札できる仮想通貨古物市場を開催することにより、モノが溢れる日本での二次流通市場の活性化を図るとともに、仮想通貨の流動性向上に貢献していく」と伝えている。

現時点で市場開始時に取り扱いを検討している仮想通貨は、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、アリス(ALIS)、アルクコイン(ARUK)、ディビアント(DEV)の5通貨。今後も増やしていく予定で、市場開始日および取り扱い開始日が正式に決定したら、改めて発表するとしている。



本メディア並びに本メディアの記事は、投資を促したり、特定のサービスへの勧誘を目的としたものではございません。また、投資にはリスクがあります。投資はリスクを十分に考慮し、読者の判断で行ってください。なお、執筆者、製作者、合同会社幻冬舎ゴールドオンライン、幻冬舎グループは、本メディアの情報によって生じた一切の損害の責任を負いません。