フィスココイン(FSCC)テクニカル分析(10月12日)【フィスコ・アルトコインニュース】

10月12日10時時点のFSCCは、50円近辺での推移となっています。従前は「支持線1」である55円と「抵抗線B」である67円を中心レンジとして、上は「抵抗線D」の79円、下は「支持線3」の43円などのめどが観測されていました。足もとでは「支持線2」である48円と「抵抗線A」である60円を中心レンジとして、上は「抵抗線C」の72円、下は「支持線4」の36円のめどが観測されます。ビットコインに底打ちの気配がある現状においては、「支持線2」である48円と「抵抗線A」である60円のボックス上限に向けた動き…

10月12日10時時点のFSCCは、50円近辺での推移となっています。

従前は「支持線1」である55円と「抵抗線B」である67円を中心レンジとして、上は「抵抗線D」の79円、下は「支持線3」の43円などのめどが観測されていました。

足もとでは「支持線2」である48円と「抵抗線A」である60円を中心レンジとして、上は「抵抗線C」の72円、下は「支持線4」の36円のめどが観測されます。

ビットコインに底打ちの気配がある現状においては、「支持線2」である48円と「抵抗線A」である60円のボックス上限に向けた動きがメインシナリオでしょうか。

(フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議 研究員 馬渕 磨理子)


本メディア並びに本メディアの記事は、投資を促したり、特定のサービスへの勧誘を目的としたものではございません。また、投資にはリスクがあります。投資はリスクを十分に考慮し、読者の判断で行ってください。なお、執筆者、製作者、合同会社幻冬舎ゴールドオンライン、幻冬舎グループは、本メディアの情報によって生じた一切の損害の責任を負いません。