フィスココイン(FSCC)テクニカル分析(6月3日)【フィスコ・アルトコインニュース】

5月27日10時15分時点のFSCCは、135円近辺での推移となっています。5月9日には一時169円まで上昇しました。長いもち合いから上昇トレンド入りとなっています。上値めどは2020年10月安値から12月高値66円幅の倍返しである176円、2021年4月安値から5月高値98.50円幅を安値117.00円からトレースした215.5円が計算値となります。ちなみに、変化日は5月21~28日、6月3日です。(フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議 研究員 馬渕 磨理子)…

5月27日10時15分時点のFSCCは、135円近辺での推移となっています。

5月9日には一時169円まで上昇しました。

長いもち合いから上昇トレンド入りとなっています。

上値めどは2020年10月安値から12月高値66円幅の倍返しである176円、2021年4月安値から5月高値98.50円幅を安値117.00円からトレースした215.5円が計算値となります。

ちなみに、変化日は5月21~28日、6月3日です。

(フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議 研究員 馬渕 磨理子)


本メディア並びに本メディアの記事は、投資を促したり、特定のサービスへの勧誘を目的としたものではございません。また、投資にはリスクがあります。投資はリスクを十分に考慮し、読者の判断で行ってください。なお、執筆者、製作者、合同会社幻冬舎ゴールドオンライン、幻冬舎グループは、本メディアの情報によって生じた一切の損害の責任を負いません。