LINE、「NFTマーケット」の提供予定を発表【フィスコ・ビットコインニュース】

LINEの暗号資産事業およびブロックチェーン関連事業を展開するLVC株式会社は9日、LINEのデジタルアセット管理ウォレット「LINE BITMAX Wallet」内で、LINEの独自ブロックチェーン「LINE Blockchain」を基盤としたNFTの取引ができる「NFTマーケット」の提供を予定していると発表した。今回提供を予定している「NFTマーケット」では、「LINE Blockchain」上で発行されたNFTの二次流通市場を構築することで、ユーザー間での取引の中でNFTの付加価値が高まる場を…

LINEの暗号資産事業およびブロックチェーン関連事業を展開するLVC株式会社は9日、LINEのデジタルアセット管理ウォレット「LINE BITMAX Wallet」内で、LINEの独自ブロックチェーン「LINE Blockchain」を基盤としたNFTの取引ができる「NFTマーケット」の提供を予定していると発表した。

今回提供を予定している「NFTマーケット」では、「LINE Blockchain」上で発行されたNFTの二次流通市場を構築することで、ユーザー間での取引の中でNFTの付加価値が高まる場を提供するという。提供開始時期については明らかにしておらず、改めて発表するようだ。

LINEでは、2018年4月に「LINE Blockchain Lab」を設立し、ブロックチェーン技術を応用したdAppsの開発や、P2Pネットワークによる分散システムや暗号化技術の研究を行っており、グループ全体で様々なブロックチェーン関連の事業を進めている。

NFTにおいては、昨年8月にブロックチェーンサービス開発プラットフォーム「LINE Blockchain Developers」を発表し、開発者が簡単に「LINE Blockchain」上でNFT等のトークンを発行しサービスを構築できる環境を提供している。また、「LINE BITMAX Wallet」では、ユーザーが秘密鍵を持つことなく、LINEアカウントを利用してNFTを含むデジタルアセットを管理することができ、LINEの友だちと交換することも可能になっている。

このように、LINEでは以前から、ブロックチェーン関連の事業を展開し、NFT関連のサービスも提供している。今後も、ユーザーの日常生活に実際に適用できるブロックチェーンサービスおよび技術の提供を目指していくようだ。

国内のNFTについては、暗号資産交換業を手がけるコインチェックが、NFTマーケットプレイス(ベータ版)の運営を開始する。また、フィスコ<3807>が開催したフィスココインのスタートアップコンテスト優勝ビジネスアイデア「日本の文化をNFTへ、NFTを世界へ」につき、受賞企業のチューリンガムとクシム<2345>でNFTマーケットプレイスの共同開発に着手している。これらのNFTを軸にしたサービスの先行きには注目が集まりそうだ。



本メディア並びに本メディアの記事は、投資を促したり、特定のサービスへの勧誘を目的としたものではございません。また、投資にはリスクがあります。投資はリスクを十分に考慮し、読者の判断で行ってください。なお、執筆者、製作者、合同会社幻冬舎ゴールドオンライン、幻冬舎グループは、本メディアの情報によって生じた一切の損害の責任を負いません。