Theta、ソニーと共同で3D NFTを発売すると発表【フィスコ・ビットコインニュース】

ブロックチェーンを活用した動画配信プラットフォーム「Theta」を運営するTheta Labsは7日、ソニーと共同でソニーのSpatial Reality Display(SRD)用に特別に設計された2種類の3D NFT(非代替性トークン)を発売すると発表した。SRDは、視線の動きを追跡し、視聴者の動きに合わせてディスプレイを調整することで、3Dの視聴体験を提供する。ユーザーはメガネやその他のアクセサリーを使わずに3Dオブジェクトを見たり操作したりすることができる。このため、Thetaとソニーが発売…

ブロックチェーンを活用した動画配信プラットフォーム「Theta」を運営するTheta Labsは7日、ソニーと共同でソニーのSpatial Reality Display(SRD)用に特別に設計された2種類の3D NFT(非代替性トークン)を発売すると発表した。

SRDは、視線の動きを追跡し、視聴者の動きに合わせてディスプレイを調整することで、3Dの視聴体験を提供する。ユーザーはメガネやその他のアクセサリーを使わずに3Dオブジェクトを見たり操作したりすることができる。このため、Thetaとソニーが発売するNFTは、SRD上で、メガネなどのアクセサリーを使わずに3D立体視や操作が可能になる。

今回、3DティキマスクであるThe Tiki GuyというNFTをリリースする予定だという。NFTは10個のみ鋳造される予定で、3D鑑賞に特化して作られているが、2Dバージョンも用意される。また、NFTはTheta LabsのNFTマーケットプレイスである「ThetaDrop」でリリースされる。ThetaDropは、過去にKaty Perryの最初のNFTコレクションや、World Poker Tour、歌番組「American Idol」やゲーム番組「The Price is Right」のプロモーション用NFTコレクションをリリースしている。


本メディア並びに本メディアの記事は、投資を促したり、特定のサービスへの勧誘を目的としたものではございません。また、投資にはリスクがあります。投資はリスクを十分に考慮し、読者の判断で行ってください。なお、執筆者、製作者、合同会社幻冬舎ゴールドオンライン、幻冬舎グループは、本メディアの情報によって生じた一切の損害の責任を負いません。