前澤友作氏、Web3及びメタバース領域に投資する「MZ Web3ファンド」を組成【フィスコ・ビットコインニュース】

株式会社スタートトゥデイの前澤友作代表取締役は27日、Web3及びメタバース領域に投資する「MZ Web3ファンド」を組成したことを発表した。同ファンドの投資総額は100億円で、Web3.0関連領域における事業を行う企業や団体、VRやAR、xR等の技術を活用したプロダクトやサービスを提供する企業が投資先の対象となっている。主な対象ステージは、シードからアーリーステージ、チケットサイズは数百万円から数億円を予定しており、マイノリティ投資からリード投資まで柔軟に対応するという。株式投資に加えてNFT(非…

株式会社スタートトゥデイの前澤友作代表取締役は27日、Web3及びメタバース領域に投資する「MZ Web3ファンド」を組成したことを発表した。

同ファンドの投資総額は100億円で、Web3.0関連領域における事業を行う企業や団体、VRやAR、xR等の技術を活用したプロダクトやサービスを提供する企業が投資先の対象となっている。主な対象ステージは、シードからアーリーステージ、チケットサイズは数百万円から数億円を予定しており、マイノリティ投資からリード投資まで柔軟に対応するという。株式投資に加えてNFT(非代替性トークン)、トークン投資などで対応するようだ。

同ファンドでは、審査通過後1週間以内に投資の意思決定及び資金提供を行うという。また、投資先企業のプロモーションやマーケティングを支援し、テクノロジーやクリプト領域の専門家による事業立上支援も行っていくようだ。同ファンドの今後の投資先にも注目が集まりそうだ。


本メディア並びに本メディアの記事は、投資を促したり、特定のサービスへの勧誘を目的としたものではございません。また、投資にはリスクがあります。投資はリスクを十分に考慮し、読者の判断で行ってください。なお、執筆者、製作者、合同会社幻冬舎ゴールドオンライン、幻冬舎グループは、本メディアの情報によって生じた一切の損害の責任を負いません。