二段階認証でセキュリティを強化

クラッキングによる盗難を防ぐため、必ず設定を! 仮想通貨のアカウント…

クラッキングによる盗難を防ぐため、必ず設定を!

仮想通貨のアカウントでは「二段階認証」の設定が推奨されます。手間も時間もかかるため、設定をスキップしてしまう人もいますが、クラッキングによる盗難を防ぐためには、必ず設定をしておきましょう。

 

二段階認証を設定せず(つまり一段階認証の状態)、アカウントにログインするには、設定したIDとパスワードを入力する方法が一般的です。パスワードを難解にしておけば大丈夫だと思い込みやすいですが、スマホやPC・タブレットなど様々なデバイスを多様なネット環境で使う現代において、パスワードのみのセキュリティ対策では、いかに複雑な文字列を使用したとしても、それをそのまま盗難されるリスクがあります。

 

例えば、街で使える無料WiFiなどに、何者かが悪意のあるプログラムを仕込む可能性もあるのです。マルウェア対策をしているつもりでも、ネットでの悪意ある攻撃と対応するセキュリティは、双方が常に新しいものを作り上げる、いわばイタチごっこですから、同じ土俵でせめぎ合っているかぎり、リスク管理が十分とは言い切れません。

 

そこで活用したいのが、「二段階認証」です。

二段階認証で「リアルタイムの本人確認」が実現可能に

「二段階認証」を設定することで、仮にIDとパスワードの組み合わせが盗まれてしまったとしても、他者のログインを避けることができます。例えば、二段階認証として電話番号を登録しておくと、IDとパスワードを使ってログインしようとしたときに、電話番号宛に「セキュリティーコード」がSMSで届きます。このセキュリティーコードを入力しなければログインはできません。

 

万が一、IDとパスワードが流出してしまっても、二段階認証を登録したスマホが無ければログインできないので仮想通貨の流出を防ぐことができるというわけです。リアルタイムで本人を介した確認となりますから、単純にIDとパスワードを盗み取るような手口は通用しなくなります。

 

また、普段と違う端末からのログインや、普段と違うネット環境からのアクセスがあった場合、「本人からのアクセスですか?」と確認を取り、アカウントをロックすることも二段階認証によって可能です。クレジットカードでも、急に海外からのアクセスで高額なブランド品を買い漁ったときなど、カード会社が本人確認を行うことがありますが、二段階認証も同じように、不審な動きをしたアカウントを感知して、盗難を事前に防ぎます。

 

二段階認証で主に採用されているのは、スマホにセキュリティーコードを送る方法ですが、さらに本人確認色を強めた、セキュリティーコード自体が音声通話として届く方法や、電話番号ではなく本人の指紋や虹彩を入れなければ、ログインできないという方法もあります。指紋や虹彩も本人でなければ持ち得ないものですから、セキュリティレベルはかなり高いと言えるでしょう。

 

とはいえ、いくら仮想通貨アカウントのセキュリティを厳重にしたところで、スマホ自体をどこかに置き忘れたり、盗難にあったりするリスクもありますから、必ずスマホ自体にも指紋認証や虹彩認証でロックをかけておくことが重要です。「スマホが財布代わり」「いつでも取引可」と聞くと便利なイメージばかり先行しますが、それだけセキュリティに対する意識も強くもつ必要があります。


本メディア並びに本メディアの記事は、投資を促したり、特定のサービスへの勧誘を目的としたものではございません。また、投資にはリスクがあります。投資はリスクを十分に考慮し、読者の判断で行ってください。なお、執筆者、製作者、合同会社幻冬舎ゴールドオンライン、幻冬舎グループは、本メディアの情報によって生じた一切の損害の責任を負いません。