BTC、再び6500ドル割れ【フィスコ・ビットコインニュース】

仮想通貨ビットコインは8日、再び心理的節目である6500ドル(73.45万円相当)を割り込んだ。    米国の中間選挙終了で不透明感が払しょくし、再びリスク資産に投資資金が向かったと見られ、7日には10月24日以来で初めて6500ドル台を回復。その後、一目均衡表の雲の下限6658ドル(75.2万円相当)手前付近からは利食いと見られる売りも予想される。    米国東部時間午後12時時点、リップルは前日比6.9%安の0.50ドルで推移した。  …

仮想通貨ビットコインは8日、再び心理的節目である6500ドル(73.45万円相当)を割り込んだ。
    
米国の中間選挙終了で不透明感が払しょくし、再びリスク資産に投資資金が向かったと見られ、7日には10月24日以来で初めて6500ドル台を回復。その後、一目均衡表の雲の下限6658ドル(75.2万円相当)手前付近からは利食いと見られる売りも予想される。
    
米国東部時間午後12時時点、リップルは前日比6.9%安の0.50ドルで推移した。

  


本メディア並びに本メディアの記事は、投資を促したり、特定のサービスへの勧誘を目的としたものではございません。また、投資にはリスクがあります。投資はリスクを十分に考慮し、読者の判断で行ってください。なお、執筆者、製作者、合同会社幻冬舎ゴールドオンライン、幻冬舎グループは、本メディアの情報によって生じた一切の損害の責任を負いません。