GMOコイン、仮想通貨FXサービスでのBCH/JPYの新規注文を再開【フィスコ・アルトコインニュース】

GMOインターネットグループのGMOコインは、12月4日より、仮想通貨FXサービスにおいて、ビットコインキャッシュ(BCH)/JPYの新規注文を再開すると発表した。同社は、ビットコインキャッシュのアップグレードに伴い、相場急変が発生した場合に妥当性のある価格の提示が困難になる恐れがあることなどを考慮し、ハードフォークが行われた今年11月15日より仮想通貨FXサービスでのBCH/JPYの新規注文の受付を中止していた。ハードフォーク後、状況の調査や注文受付の再開について検討した結果、12月4日 12:0…

GMOインターネット<9449>グループのGMOコインは、12月4日より、仮想通貨FXサービスにおいて、ビットコインキャッシュ(BCH)/JPYの新規注文を再開すると発表した。

同社は、ビットコインキャッシュのアップグレードに伴い、相場急変が発生した場合に妥当性のある価格の提示が困難になる恐れがあることなどを考慮し、ハードフォークが行われた今年11月15日より仮想通貨FXサービスでのBCH/JPYの新規注文の受付を中止していた。

ハードフォーク後、状況の調査や注文受付の再開について検討した結果、12月4日 12:00より受付を再開することとなった。この再開により、仮想通貨FXサービスは全ての対象通貨で取引ができるようになるようだ。


本メディア並びに本メディアの記事は、投資を促したり、特定のサービスへの勧誘を目的としたものではございません。また、投資にはリスクがあります。投資はリスクを十分に考慮し、読者の判断で行ってください。なお、執筆者、製作者、合同会社幻冬舎ゴールドオンライン、幻冬舎グループは、本メディアの情報によって生じた一切の損害の責任を負いません。