ツイッターでBTCの投げ銭が可能に—ライトニングネットワーク利用のTippinが発表—【フィスコ・ビットコインニュース】

ライトニング・ネットワークを利用したウォレット・サービスを提供するTippinは16日、公式ツイッターにて、ツイッター上でビットコイン(BTC)を送金できるサービスを発表した。21日には、ビットコイン強気派のツイッターCEOであるジャック・ドーシー氏が、自身のツイッターで同サービスについて「素晴らしい」と賞賛の声を寄せており、話題となっている。同サービスはGoogleChromeやFirefoxのブラウザ拡張機能として追加でき、追加すると、ツイッター画面の「リツイート」ボタンや「いいね」ボタンなどの…

ライトニング・ネットワークを利用したウォレット・サービスを提供するTippinは16日、公式ツイッターにて、ツイッター上でビットコイン(BTC)を送金できるサービスを発表した。21日には、ビットコイン強気派のツイッターCEOであるジャック・ドーシー氏が、自身のツイッターで同サービスについて「素晴らしい」と賞賛の声を寄せており、話題となっている。

同サービスはGoogleChromeやFirefoxのブラウザ拡張機能として追加でき、追加すると、ツイッター画面の「リツイート」ボタンや「いいね」ボタンなどの横に、「イナズマ」ボタンが表示されるようになる。このボタンをタップするとQRコードが表示され、これを読み取ることで送金が可能となるようだ。

ライトニング・ネットワークは、取引におけるセキュリティ向上のほか、仮想通貨の取引処理をより高速に実行可能にすると期待される技術だ。パブリックブロックチェーンの第2層に当たる技術であり、ビットコインの取引処理能力を高めて機能的でより利用しやすいものとして広く普及するための技術向上施策として導入が進んでいる。一部海外メディアは、今回Tippinが発表したビットコイン送金サービスについて、「ライトニング・ネットワークの最初で誠に興味深い使用例だ」と報じている。


本メディア並びに本メディアの記事は、投資を促したり、特定のサービスへの勧誘を目的としたものではございません。また、投資にはリスクがあります。投資はリスクを十分に考慮し、読者の判断で行ってください。なお、執筆者、製作者、合同会社幻冬舎ゴールドオンライン、幻冬舎グループは、本メディアの情報によって生じた一切の損害の責任を負いません。