アイフリークモバイル、無人コンビニで仮想通貨決済ができるスマホアプリiOS版を配信【フィスコ・アルトコインニュース】

モバイルコンテンツの配信を手がけるアイフリーク モバイルは25日、チャットにウォレット機能を搭載したアプリ「Challet(チャレット)」のソリューション第1弾提供先である、ロボットセキュリティポリスが運営するキャッシュレス無人コンビニ「ロボットマート」の専用スマートフォンアプリ「ロボットマートチャレット」のiOS版を2019年4月25日より配信開始したと発表した。「ロボットマートチャレット」では、ロボットマートでの支払いの際、仮想通貨イーサリアム(ETH)を使用することができる。また、チャット機能…

モバイルコンテンツの配信を手がけるアイフリーク モバイル<3845>は25日、チャットにウォレット機能を搭載したアプリ「Challet(チャレット)」のソリューション第1弾提供先である、ロボットセキュリティポリスが運営するキャッシュレス無人コンビニ「ロボットマート」の専用スマートフォンアプリ「ロボットマートチャレット」のiOS版を2019年4月25日より配信開始したと発表した。

「ロボットマートチャレット」では、ロボットマートでの支払いの際、仮想通貨イーサリアム(ETH)を使用することができる。また、チャット機能やウォレット機能、ロボットマートに関する最新情報など、様々な機能を実装しているという。

ロボットマートのレジに商品を置くと、モニターに合計金額の情報が入ったQRコードが表示され、それをアプリのカメラで読み込み「支払う」ボタンをタップすることで、決済が完了する仕組みになっている。アプリのダウンロードは無料だが、仮想通貨を利用する際には別途、マイニング手数料が必要となるようだ。

ロボットマートとは、2018年9月27日に日本橋茅場町に誕生した、日本初の現金を使わない無人コンビニである。2019年2月には、都内のオフィスに出張開店している「ロボットマートミニ」が30拠点の展開を突破し、2019年夏には「ロボットマート」FC店1号店のオープンを予定している。

同社は、アプリ「チャレット」を基盤に、クライアント企業の要望やサービスを取り入れてカスタマイズして提供し、クライアント企業のビジネスをより活性化させる「チャレット祖リューション」という取り組みを行っている。

今後について、同社は「チャレット」の基本機能の拡充・新サービスの追加を行いながら、チャレットソリューションのつながりによってユーザーが拡大していく「チャレット経済圏」を広めていきたいとの意向を伝えている。


本メディア並びに本メディアの記事は、投資を促したり、特定のサービスへの勧誘を目的としたものではございません。また、投資にはリスクがあります。投資はリスクを十分に考慮し、読者の判断で行ってください。なお、執筆者、製作者、合同会社幻冬舎ゴールドオンライン、幻冬舎グループは、本メディアの情報によって生じた一切の損害の責任を負いません。