17億円以上流出した仮想通貨取引所Cryptopia、正式に破産を申請【フィスコ・ビットコインニュース】

今年の1月に総額17億円以上に相当する仮想通貨が流出した仮想通貨取引所Cryptopia(ニュージランド拠点)は15日をもち、すべての取引サービスを停止し、会社の破産手続きを進めていることを公表した。破産申請の業務に依頼されたのは大手会計事務所「Grant Thornton」で、顧客の資産をどのように清算し引き渡すかは発表されていない。破産に至った理由に関して、Cryptopiaは「事業コストの削減とビジネスプロフィットに向けたマネージメントをしてきたものの、破産清算人を依頼することに決定した。それ…

今年の1月に総額17億円以上に相当する仮想通貨が流出した仮想通貨取引所Cryptopia(ニュージランド拠点)は15日をもち、すべての取引サービスを停止し、会社の破産手続きを進めていることを公表した。

破産申請の業務に依頼されたのは大手会計事務所「Grant Thornton」で、顧客の資産をどのように清算し引き渡すかは発表されていない。

破産に至った理由に関して、Cryptopiaは「事業コストの削減とビジネスプロフィットに向けたマネージメントをしてきたものの、破産清算人を依頼することに決定した。それが顧客やスタッフ、その他の株主の利益に最も見合っていると考えている。」としている。

Cryptopiaは今年1月に2回のハッキング被害を受け、計17億円以上の仮想通貨被害総額を被ったことが報じられた。事件が発生後、地元の警察も動き出して捜査を行なっていたという。

(記事提供:コインポスト)
CoinPost(コインポスト)は、日本最大級の仮想通貨・ブロックチェーン総合情報メディアサイトです。国内外の情報を迅速に捉え、考察も含めたオリジナル記事を配信しています。


本メディア並びに本メディアの記事は、投資を促したり、特定のサービスへの勧誘を目的としたものではございません。また、投資にはリスクがあります。投資はリスクを十分に考慮し、読者の判断で行ってください。なお、執筆者、製作者、合同会社幻冬舎ゴールドオンライン、幻冬舎グループは、本メディアの情報によって生じた一切の損害の責任を負いません。