イーサリアムクラシック前日比20%高騰、9月に大型アップグレード控える【フィスコ・アルトコインニュース】

CoinMarketCap上で時価総額15位のイーサリアムクラシック(ETC)は、20日より高騰相場に転じ、一時39%ほどの上昇を記録した。記事執筆時点で前日比20.25%高を付けている。ビットコインをはじめ、主要アルトコインが軟調な推移を辿る中、ETCの高騰理由は、来月に予定されている主要ハードフォーク(新たな通貨を生み出さないアップグレード)だと見られる。予定日の9月17日(EST)は。6月のコア開発者会議で決められた日程で、実施するブロック番号は「8,772,000」と指定されている。控えてい…

CoinMarketCap上で時価総額15位のイーサリアムクラシック(ETC)は、20日より高騰相場に転じ、一時39%ほどの上昇を記録した。記事執筆時点で前日比20.25%高を付けている。

ビットコインをはじめ、主要アルトコインが軟調な推移を辿る中、ETCの高騰理由は、来月に予定されている主要ハードフォーク(新たな通貨を生み出さないアップグレード)だと見られる。

予定日の9月17日(EST)は。6月のコア開発者会議で決められた日程で、実施するブロック番号は「8,772,000」と指定されている。

控えているアップグレードは、「アトランティス」と名付けられており、Ethereum Classic Labsによれば、「アトランティス」は、イーサリアム(ETH)で以前実施されたアップグレード「ビザンチウム」のプロトコルを採用する。これにより、ETCとETH間での相互運用性が向上し、チェーン同士でのコラボレーションも可能になるという。

(記事提供:コインポスト)
CoinPost(コインポスト)は、日本最大級の仮想通貨・ブロックチェーン総合情報メディアサイトです。国内外の情報を迅速に捉え、考察も含めたオリジナル記事を配信しています。


本メディア並びに本メディアの記事は、投資を促したり、特定のサービスへの勧誘を目的としたものではございません。また、投資にはリスクがあります。投資はリスクを十分に考慮し、読者の判断で行ってください。なお、執筆者、製作者、合同会社幻冬舎ゴールドオンライン、幻冬舎グループは、本メディアの情報によって生じた一切の損害の責任を負いません。