ツイッターCEO、暗号資産はスクエア社のサービスを飛躍させると発言【フィスコ・ビットコインニュース】

ツイッターの共同創設者で、米モバイル決済大手スクエア社の共同創設者でもあるジャック・ドーシー氏が、暗号資産(仮想通貨)はスクエア社を大きく発展させると見ていると発言した。ロイターが報じた。ドーシー氏は、スクエア社は足元では仮想通貨関連のハードウェア開発や分析、貸出サービスなどの開発を視野に入れていると発言。仮想通貨技術を利用することで、長期的には既存の市場間、金融機関間、規制主体間の垣根を越えてよりグローバルに利用できるようなサービスを提供できる可能性があると言及した。スクエア社が提供する個人間送金…

ツイッターの共同創設者で、米モバイル決済大手スクエア社の共同創設者でもあるジャック・ドーシー氏が、暗号資産(仮想通貨)はスクエア社を大きく発展させると見ていると発言した。ロイターが報じた。

ドーシー氏は、スクエア社は足元では仮想通貨関連のハードウェア開発や分析、貸出サービスなどの開発を視野に入れていると発言。仮想通貨技術を利用することで、長期的には既存の市場間、金融機関間、規制主体間の垣根を越えてよりグローバルに利用できるようなサービスを提供できる可能性があると言及した。

スクエア社が提供する個人間送金アプリ「キャッシュアップ」では、2018年からユーザーに仮想通貨取引サービスを提供しており、同サービスは、今年の第1四半期~第2四半期の間に1億9000万ドル(約203.3億円)以上の収入となり、300万ドル(約3.2億円)の粗利益を生み出している。

ドーシー氏は以前からビットコインに対して好意的な発言が多く、将来的にビットコインが決済手段として幅広く利用されるという趣旨の見解をたびたび示してきた。また、自身がビットコインを保有していることも明らかにしている。


本メディア並びに本メディアの記事は、投資を促したり、特定のサービスへの勧誘を目的としたものではございません。また、投資にはリスクがあります。投資はリスクを十分に考慮し、読者の判断で行ってください。なお、執筆者、製作者、合同会社幻冬舎ゴールドオンライン、幻冬舎グループは、本メディアの情報によって生じた一切の損害の責任を負いません。