パウエルFRB議長、米国のデジタル通貨を前向きに検討しない【フィスコ・ビットコインニュース】

 米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は6日、スイスで行われたスイス国立銀行(SNB)のヨルダン総裁との討論会において、様々な議題に関して議論した。その中で、デジタル通貨にも振れ、FRBは米国のデジタル通貨を前向きに検討していないと述べた。安全保障の観点から、デジタル通貨には消極的にならざるを得ないとの考え。また、消費者のデジタル通貨に関する需要も明らかではないと指摘した。スイスの中央銀行であるSNBのヨルダン総裁もパウエル議長が指摘した安全保障の問題からデジタル通貨が良いアイディアだとは考…

 米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は6日、スイスで行われたスイス国立銀行(SNB)のヨルダン総裁との討論会において、様々な議題に関して議論した。その中で、デジタル通貨にも振れ、FRBは米国のデジタル通貨を前向きに検討していないと述べた。

安全保障の観点から、デジタル通貨には消極的にならざるを得ないとの考え。また、消費者のデジタル通貨に関する需要も明らかではないと指摘した。

スイスの中央銀行であるSNBのヨルダン総裁もパウエル議長が指摘した安全保障の問題からデジタル通貨が良いアイディアだとは考えていないと述べた。


本メディア並びに本メディアの記事は、投資を促したり、特定のサービスへの勧誘を目的としたものではございません。また、投資にはリスクがあります。投資はリスクを十分に考慮し、読者の判断で行ってください。なお、執筆者、製作者、合同会社幻冬舎ゴールドオンライン、幻冬舎グループは、本メディアの情報によって生じた一切の損害の責任を負いません。