SECクレイトン委員長、BTCに強い規制必要、ETFより前に【フィスコ・ビットコインニュース】

 米証券取引委員会(SEC)のクレイトン委員長は19日、CNBC主催で開催された投資家向けイベントで、主要取引所で取引される前にビットコインには強い規制が必要だと主張した。新たな投資先として魅力となる仮想通貨市場に、個人投資家も参入することが容易になるであろう仮想通貨ETF上場に関する申請も相次いだ。しかし、規制当局は価格の乱高下、不正の可能性や産業の安定性への懐疑的見方を払しょっくできず、承認には依然消極的。米CBOEグローバル・マーケッツは18日、ヴァンエック、ソリッドX仮想通貨ビットコインET…

 米証券取引委員会(SEC)のクレイトン委員長は19日、CNBC主催で開催された投資家向けイベントで、主要取引所で取引される前にビットコインには強い規制が必要だと主張した。

新たな投資先として魅力となる仮想通貨市場に、個人投資家も参入することが容易になるであろう仮想通貨ETF上場に関する申請も相次いだ。しかし、規制当局は価格の乱高下、不正の可能性や産業の安定性への懐疑的見方を払しょっくできず、承認には依然消極的。

米CBOEグローバル・マーケッツは18日、ヴァンエック、ソリッドX仮想通貨ビットコインETFの上場申請を取り下げたと発表。ビットコインETFが承認されるのならば当社の申請が最初になると期待が大きかったため、市場では失望感もある。


本メディア並びに本メディアの記事は、投資を促したり、特定のサービスへの勧誘を目的としたものではございません。また、投資にはリスクがあります。投資はリスクを十分に考慮し、読者の判断で行ってください。なお、執筆者、製作者、合同会社幻冬舎ゴールドオンライン、幻冬舎グループは、本メディアの情報によって生じた一切の損害の責任を負いません。