BTC急伸、米グレイスケール、Q2の機関投資家の投資規模がQ1の2倍に【フィスコ・ビットコインニュース】

 仮想通貨ビットコインは9日急伸した。8120ドル付近から8692ドルまで上昇し、2週間ぶりの高値を更新。機関投資家参入の拡大が買い材料となった。米国の仮想通貨資産運用会社大手、グレイスケール・インベストメンツの幹部は8日の「The Block」とのインタビューで、2019年に入り機関投資家が絶えず仮想通貨資産を積み上げていると語った。同社の開発部のダイレクター、Askary 氏によると、第2四半期だけでも第1四半期の2倍にあたる8500万ドル(91億円相当)の投資資金が流入したとした。また、そのう…

 仮想通貨ビットコインは9日急伸した。8120ドル付近から8692ドルまで上昇し、2週間ぶりの高値を更新。機関投資家参入の拡大が買い材料となった。

米国の仮想通貨資産運用会社大手、グレイスケール・インベストメンツの幹部は8日の「The Block」とのインタビューで、2019年に入り機関投資家が絶えず仮想通貨資産を積み上げていると語った。同社の開発部のダイレクター、Askary 氏によると、第2四半期だけでも第1四半期の2倍にあたる8500万ドル(91億円相当)の投資資金が流入したとした。また、そのうち80%を機関投資家が占めるという。



本メディア並びに本メディアの記事は、投資を促したり、特定のサービスへの勧誘を目的としたものではございません。また、投資にはリスクがあります。投資はリスクを十分に考慮し、読者の判断で行ってください。なお、執筆者、製作者、合同会社幻冬舎ゴールドオンライン、幻冬舎グループは、本メディアの情報によって生じた一切の損害の責任を負いません。