フェイスブックのザッカーバーグ氏、23日公聴会で「リブラ」証言へ【フィスコ・ビットコインニュース】

米下院金融委員会は9日、10月23日に開く公聴会で、米フェイスブックの最高経営責任者(CEO)であるマーク・ザッカーバーグ氏を証人として招くと発表したことが、一部報道により明らかとなった。公聴会では、同氏にフェイスブックが主導する独自暗号資産(仮想通貨)「リブラ」について、法令順守体制の構築などの説明を求める見込みと報じられている。フェイスブックは今年6月、独自の仮想通貨「リブラ」の構想を明らかにした。2020年に「リブラ」を使った金融サービスを始めると発表し、スマートフォンを介して利用者間で送金し…

米下院金融委員会は9日、10月23日に開く公聴会で、米フェイスブックの最高経営責任者(CEO)であるマーク・ザッカーバーグ氏を証人として招くと発表したことが、一部報道により明らかとなった。公聴会では、同氏にフェイスブックが主導する独自暗号資産(仮想通貨)「リブラ」について、法令順守体制の構築などの説明を求める見込みと報じられている。

フェイスブックは今年6月、独自の仮想通貨「リブラ」の構想を明らかにした。2020年に「リブラ」を使った金融サービスを始めると発表し、スマートフォンを介して利用者間で送金したり、買い物の決済などに利用したりすることを想定するとしていた。しかしその後、各国の規制当局から、犯罪へのリスクや金融政策に混乱をもたらすことなどが指摘された。また、政府関係者からは、規制当局者が精査するまで開発を中断するよう要請する声も強まっている。

米下院金融委員会は「リブラ」に対してこうした懸念を持っており、今回の発表にいたったようだ。


本メディア並びに本メディアの記事は、投資を促したり、特定のサービスへの勧誘を目的としたものではございません。また、投資にはリスクがあります。投資はリスクを十分に考慮し、読者の判断で行ってください。なお、執筆者、製作者、合同会社幻冬舎ゴールドオンライン、幻冬舎グループは、本メディアの情報によって生じた一切の損害の責任を負いません。