FISCO
米ダラス連銀総裁、FRBはデジタル通貨の問題を積極的に考察【フィスコ・ビットコインニュース】

 カプラン米ダラス連銀総裁は16日、テキサス州、オースチンでの講演で、米国の中央銀行である連邦準備制度理事会(FRB)がデジタル通貨に関する問題を積極的に考察していることを明らかにした。仮想通貨ビットコインは17日、続落。7916.05ドルまで下落し、心理的節目の8000ドルも割り込んだ。重要な節目である200日移動平均水準の7311ドルが下値目標となる。…

CMEビットコイン先物、大口の取組高が前年比60%増「機関の関心は依然強い」【フィスコ・ビットコインニュース】

機関投資家が利用する米大手デリバティブ取引所CMEは、ビットコイン先物ポジションデータを公開した。前年比で大口の取組高は60%以上膨らんできているという。CMEによると、大口に該当する25BTC以上の契約を持つ大口の取組高推移(OI)では、2018年Q3(7月〜9月)の2,873から、今年Q3の4,629に増加した。2018年年末の大暴落や今年の2回の大幅急落がある中、2018年Q2よりこの大口のOI値は右肩上がりだ。大口や機関投資家からの投資意欲は一向に減滅していないことがわかる。なお、出来高も昨…

ホンダ、BMWなど自動車5社、EV自動決済の実証実験開始へ ブロックチェーン活用【フィスコ・ビットコインニュース】

ホンダ、独BMW、米ゼネラル・モーターズ(GM)、フォード・モーター、仏ルノーの自動車世界大手5社が、自動車を運転する際に生じる駐車場や高速道路の料金などの支払い情報をブロックチェーンで記録し、決済までを自動で済ませるサービスの実証実験を11月より米国で開始することが、14日付の日経新聞の報道により明らかとなった。同実証実験は、昨年5月に大手自動車メーカーと部品メーカーにより発足したブロックチェーンの国際団体「モビリティ・オープン・ブロックチェーン・イニシアチブ(MOBI)」を通して行うという。実験…

日本仮想通貨ビジネス協会、「暗号資産の管理」に係わる意見書を公開【フィスコ・ビットコインニュース】

暗号資産(仮想通貨)ビジネスの健全な発展を目指す会員組織「日本仮想通貨ビジネス協会(JCBA)」は11日、「暗号資産の管理」に関する規制について、9月24日にとりまとめた意見書を公開した。同意見書は、カストディ業者その他の関係者による意見交換を進め、実態を踏まえた利用者保護と健全な市場の発展のバランスのとれた制度の整備に資することを目的として、とりまとめたものだという。同書では、今年5月31日に公布された資金決済法の改正で、「暗号資産交換業」として「暗号資産の管理」が新たに追加された件をめぐり、意見…

FBの仮想通貨「リブラ」プロジェクト、マスターカード、VISAなどが参加取りやめ【フィスコ・仮想通貨速報】

Stripe、EBay、ペイパル、マスターカード、VISAなどが次々にフェイスブックの仮想通貨「リブラ」プロジェクトへの参加を取りやめると発表。

IRS、仮想通貨保有者に対する監査強化へ【フィスコ・ビットコインニュース】

 米内国歳入局(IRS)は納税申告書に仮想通貨関連の取引に関する質問を加えることを決定した。質問は納税者が記入する申告書の中で、賃貸、ビジネス、失業保険からの収入などを含む追加的な収入の項目に加えられる。米国の税務当局は特に仮想通貨に関する税制規制の取り締まりを一段と強化している。仮想通貨資産の保有者に対しての監査も強める方針。報道を嫌い仮想通貨ビットコインは11日。続落した。…

ユニセフ、仮想通貨ファンドを設立 初の寄付はイーサリアム財団から【フィスコ・ビットコインニュース】

 公益財団法人日本ユニセフ協会は11日、ユニセフ(国連児童基金)が「ユニセフ仮想通貨ファンド」を設立し、仮想通貨イーサリアム(ETH)とビットコイン(BTC)による寄付の受領・保持・支払いができるようになったと9日付(ニューヨーク発)で発表したことを公表した。国連機関として初めて、仮想通貨を使って世界の子どもや若者に利益をもたらすオープンソース技術に資金を提供するという。ユニセフ仮想通貨ファンドに寄せられた寄付は、他の通貨に交換することなくそれぞれの仮想通貨のまま、資金供与されるとしている。また、同…

JCBと富士通、デジタルアイデンティティ領域における共同研究を開始【フィスコ・ビットコインニュース】

ジェーシービーと富士通は10日、個人データを安全・安心に活用できるデジタル社会の実現に向け、自己主権型/分散型アイデンティティ(事業者などの第三者から提供されたID情報を本人の意思で安全に開示することができる仕組み)領域において、共同研究を開始すると発表した。共同研究では、様々な事業者が保有するユーザーID情報を、ユーザー自身のコントロールのもと、事業者間でセキュアに連携可能にするプラットフォームの共同開発について検討するほか、そのプラットフォームを活用した新サービス・ビジネスの検討を行うとしている…

SEC、ビットワイズのビットコインETF申請を却下【フィスコ・ビットコインニュース】

米証券取引委員会(SEC)はビットワイズ・アセット・マネージメント(Bitwise Asset Management)によるビットコイン上場投信(ETF)売却の申請を却下した。SECは声明の中で、「上場を計画していたNYSE Arcaは不正、人為的操作を防ぐことが可能であることを証明できなかった」と、却下した理由を説明。これを受けて、ビットワイズも声明で、今後も引き続きSECと建設的な関わりを持ち、適切となれば再度、申請を行う意向を表明した。SECの承認が濃厚と見られていた米資産運用会社のヴァンエ…

米SEC、BitwiseのビットコインETFを非承認【フィスコ・ビットコインニュース】

米証券取引委員会SECは、Bitwise社のビットコインETFの申請を「非承認」したことがわかった。最後の単一指数に連動するビットコインETFの申請が非承認となったことで、現時点での希望が絶たれた格好だ。Bitwiseのリサーチ部門のトップ Matt Hougan氏は今月はじめにも、申請するビットコインETFが最も承認に近い状態にあると語っていたが、実現には至らなかった。非承認理由はこれまで延期をかけていた理由と同様、「市場捜査のリスクなどの不法行為を防止する面で、法的水準を満たしていない」点があが…