FISCO
BTC、3200ドル台へ上昇、テスラCEOマスク氏の支持発言で買い再燃【フィスコ・暗号資産速報】

テスラCEOのマスク氏がB word カンファレンスにおいて、ビットコインを支持すると発言したことを受けて、買いが再燃した。ビットコイン価格は32000ドル台を回復し、32819ドルまで上昇。

テスラのマスクCEO「ビットコインは必ずしも環境によくないが、最終的に支持」=B word カ【フィスコ・暗号資産速報】

仮想通貨ビットコインを協議する会合、B word カンファレンスで、テスラのマスクCEOは、「ビットコインは必ずしも環境によくないが、最終的に支持する」と言及。

BTC、3万ドル回復【フィスコ・暗号資産速報】

暗号通貨ビットコインは、3万ドルを回復し、31718.75ドルまで上昇した。

仮想通貨デリバティブ取引所FTX、9億ドルの資金を調達【フィスコ・ビットコインニュース】

暗号資産(仮想通貨)のデリバティブ(金融派生商品)取引所FTXはシリーズBで9億ドル規模の資金を調達したことが分かった。今回の資金調達にはソフトバンクグループやポール・チューダー・ジョーンズ氏の一族、アラン・ハワード氏、コインベース・ベンチャーズ、Sequoia Capital、Paradigm、など60余りの投資家が参加したようだ。9億ドルの資金調達により、FTXの取引後の評価額は180億ドルになるようだ。ブルームバーグによると、サム・バンクマンフリード最高経営責任者(CEO)は今回の資金集めにつ…

BTC、3万ドル割れ、2021年の上昇分を消す【フィスコ・暗号資産速報】

暗闘通貨のビットコインは、3万ドルを割り込んだ。2021年の上昇分を消した。

7月13日時点のCMEのBTC先物建玉分析、中期的には4,679ドルの上押し圧力【フィスコ・ビットコインニュース】

CFTC(米商品先物取引委員会)は火曜日時点でのCME(シカゴ・マーカンタイル取引所)のビットコイン(BTC)先物の部門別ポジションを当週末に公表している。為替市場ではCFTCが公表している非商業部門(投機筋)ポジションがよく注目される。7月13日時点でのCMEビットコイン先物ポジションは、非商業部門のネットポジションは先週同様低い水準となった(CFTCより)。ポジションが過去平均に回帰し、13日時点での非報告部門による3,630枚(約5.6億ドル)の買い越しが過去平均(6,688枚、約10.3億ド…

ビットコインカンファレンス「The B Word」、マスク氏の出席が決定【フィスコ・ビットコインニュース】

 今週開催されるビットコインを中心としたカンファレンス「The B Word」にテスラ社のCEOであるイーロン・マスク氏の出席が決定した。同カンファレンスでは、ビットコインがメインストリームに浸透するために、機関投資家の採用方法や、ビットコインの利点、実用的なユースケースなどを中心に説明することが予定されている。マスク氏は、7月21日(水)午後12時に開始されるカンファレンスの中で、SquareとTwitterのCEOであるジャック・ドーシー氏と、Ark Investの創設者兼CEOであるキャシー・…

ビットコイン、海外の売りポジションは先週と同水準【フィスコ・ビットコインニュース】

足元のビットコイン(BTC)は340万円台で取引されている。もっとも取引量の多い米ドル建てでは31,600ドル近辺で推移している(コインマーケットキャップより)。一部国内の暗号資産(仮想通貨)取引所が出している投資家の未決済建て玉情報(7月19日時点)では、前週比で350万円台の買いが増加した。一方、海外の大手取引所ビットフィネックスでは、7月19日のショートポジションは前週と比較して同水準で、12,673枚となっている。ロング・ショート比率は昨年以降継続してロングポジションの方が大きく、足元では8…

NVTから見た足元のビットコイン妥当価格は34,223ドル【フィスコ・ビットコインニュース】

 暗号資産(仮想通貨)の価値を探る方法として注目されるもののひとつに、「NVT」という指標がある。暗号資産の市場分析で有名なウィリー・ウー氏が考案した指標で、同氏のホームページではリアルタイムの数値を公表している。NVT(Network Value to Transaction)はネットワークの価値(暗号資産の場合には流通するコインの市場価値)を日毎の取引量で割った比率であり、この値が高ければ取引量に比べてネットワークの価値が高いことを、この値が低ければ取引量に比べてネットワークの価値が低いことを表…

「メトカーフの法則」ビットコイン価格は割高の可能性も【フィスコ・ビットコインニュース】

暗号資産(仮想通貨)の価値を探る方法として、「メトカーフの法則」とよばれる計算方法がある。メトカーフの法則とは、「ネットワーク通信の価値は、接続されているシステムのユーザー数の二乗(n2)に比例する」というものだ。電話やインターネットなどネットワークの価値は繋がるモノが多ければ多いほど価値が向上するという意味合いで、電話を例に挙げると、世界で2人しか使用していなければ、「1対1」の繋がりしかなくネットワーク価値は限定される。一方、世界中で電話を使用する人が多い状況となれば、「ユーザー数×ユーザー数」…