FISCO
日銀、ブロックチェーンのスケーラビリティ問題への対応に関する論文を公表【フィスコ・ビットコインニュース】

日本銀行は17日、『ブロックチェーン技術のスケーラビリティ問題への対応』と題する論文を公開した。同論文では、ブロックチェーンのスケーラビリティ問題(取引処理能力向上に関する技術的な問題)について、概要とこれまで実施された主な対応、現在検討が進められている主な取り組みをまとめている。同資料ではまず、参加者が自由にネットワークに加わることのできるパブリック型ブロックチェーンについて、『特定の管理者や参加者間の信用に依存することのない分権的な枠組みや、障害耐性、悪意を持った参加者による改竄耐性などがメリッ…

韓国、仮想通貨での利益に20%課税を検討=聯合ニュース報道【フィスコ・ビットコインニュース】

韓国の企画財政省が暗号通貨(仮想通貨)取引で得た収入に対し、20%の税金を課すことを検討していることが、韓国メディア「聯合ニュース」の20日付の報道により明らかとなった。同報道では、経済財務省が仮想通貨に対する課税計画の見直しを所得税局に命じたと関係者が明かしたという。最終決定はしていないが、当局関係者は『政府が仮想通貨に20%の税金を課す可能性がある』と述べたと伝えている。日本では現状、仮想通貨は「雑所得」扱いであり、給与所得など他の所得との合計額に課税される。また、所得額が195万円以下だと税率…

ブロックチェーン職種に対する関心が減少、ビットコイン価格の低迷が原因か【フィスコ・ビットコインニュース】

ブロックチェーンと仮想通貨関連職業に対する求職者の関心が2019年に低下したようだ。就職エージェント各社のレポートに基づいてブロックチェーンニュースサイトCryptoglobeが2019年12月22日、伝えている。ビジネス特化型SNSのLinkedInが公式ブログで12月10日に公開した「Emerging Jobs Report」では、過去数年間にアメリカで勢いを増した職種やスキルをまとめている。最新のレポートでは、人工知能とロボティクスエンジニア、データサイエンティストが上位を占めた。2018年に…

1月14日時点のCMEのBTC先物建玉分析、中期的には2,454ドルの下押し圧力【フィスコ・ビットコインニュース】

CFTC(米商品先物取引委員会)は火曜日時点でのCME(シカゴ・マーカンタイル取引所)のビットコイン(BTC)先物の部門別ポジションを当週末に公表している。為替市場ではCFTCが公表している非商業部門(投機筋)ポジションがよく注目される。1月14日時点でのCMEビットコイン先物ポジションは、拡大傾向にあった非商業部門のショートポジションがやや縮小した。ポジションが過去平均に回帰し、1月14日時点での非報告部門による6,800枚(約2.9億ドル)の買い越しが過去平均(3,582枚、約1.5億ドル)まで…

ビットコイン、売りポジション増加は一服【フィスコ・ビットコインニュース】

ビットコイン(BTC)は年明けから中東情勢が緊迫するなか安全資産として買いが進んだが、19日に100万円台に到達してから反落。20日時点では95万円台で取引されている。一部国内取引所が出している投資家の未決済建て玉情報(1月20日時点)によれば、85万円台では1月13日時点比で売り越しに転じた。90万円台も同様に買い越し超過が縮小したが、95万円台、100万円台では買い越し超過が拡大している。一方、海外の大手仮想通貨取引所ビットフィネックスでは、14日以降ショートポジションが急増。6日から13日まで…

5月に半減期を控えるビットコイン、ストック・フロー比率から見た妥当価格は5万ドル【フィスコ・ビットコインニュース】

今年5月、ビットコイン(BTC)は「半減期」と呼ばれる新規発行量が半減するタイミングを迎える。ビットコインの新規発行や取引承認に必要な計算作業(マイニング)を行う者は報酬として新規発行されたBTCを受け取る事ができるが、半減期を境にその報酬が半分になる。足元、この半減期は5月12日に通過すると見られている。過去、ビットコインは2012年11月と2016年7月に2度の半減期を通過している。2012年の半減期は出来高が少ないことやデータが完全でないことから参考とするのが困難であるため、ここでは2016年…

注目が高まる仮想通貨のステーキング、資産を預けてインカムゲインを得る仕組みとは?【フィスコ・仮想通貨コラム】

投資家の間で、保有している仮想通貨をロックして報酬を得る「ステーキング」という仕組みが注目されている。不慣れなトレードによる損失を避け、低リスクで安定的にポートフォリオを成長させる手段として人気を集めているようだ。ビットコインニュースメディアNEWSBTCが報じている。ステーキングの仕組みを採用するコインとして、テゾス(XTZ)やコスモス(ATOM)、ダッシュ(DASH)やエイダ(ADA)などが有名だ。プルーフ・オブ・ステーク(PoS)専門分析サイトStaking Rewardsによると、現在70種…

BTC、200DMA回復、中期的上昇入りも【フィスコ・ビットコインニュース】

 仮想通貨ビットコインは17日、反発した。重要な節目である200日移動平均水準の8657.38ドル(95万相当)を回復した。中期的な上昇基調に再び入った可能性もある。CME(シカゴ・マーカンタイル取引所)グループが今週初め13日にビットコインオプションの取引を開始。変動の激しい仮想通貨の価格をヘッジできる選択肢が新たに加わったため、仮想通貨市場への機関投資家の参加が期待されている…

ZコーポとTAOTAO、仮想通貨取引所バイナンスと戦略的提携へ【フィスコ・ビットコインニュース】

Zホールディングス(ヤフーから商号変更)の完全子会社であるZコーポレーションと、同社の子会社である暗号資産(仮想通貨)取引所タオタオ(TAOTAO)は17日、世界最大規模の仮想通貨取引所バイナンスと、日本市場における戦略的提携に向けて交渉を開始することに合意したと発表した。今後3社は、バイナンスからタオタオへの仮想通貨取引関連技術の提供や仮想通貨取引所運営のサポートなど、日本市場における戦略的なパートナーシップについて協議を進めていくとしている。バイナンスは15日、日本居住の顧客に対するサービス提供…

JCBと富士通、キャッシュレスを相互交換できるサービスを開発へ=日経報道【フィスコ・ビットコインニュース】

ジェーシービー(JCB)と富士通が共同で、異なるキャッシュレスサービスやポイントを交換できるサービスを開発することが、16日付の日経新聞の報道により明らかとなった。現在「ペイペイ」、「LINEペイ」、「楽天ペイ」といったスマホ決済サービスや、「Tポイント」、「nanacoポイント」といったポイントサービス、特定の地域でのみ利用できる地域通貨など、様々なキャッシュレスサービスが乱立している。異なるサービス同士を交換できるような仕組みを作れば、国内初の取り組みになるという。報道によれば、JCBはまず『地…