FISCO
SEC、ICOで投資家に警告、詐欺サイトシミュレーター「HoweyCoin」も作成【フィスコ・ICOニュース】

 米証券取引委員会(SEC)は投資家に向け、ブームとなっている仮想通貨が違法である可能性があると、警告を発した。SECは16日にウェブ上で、投資家が避けなければならないねつ造されたコインオファリング(ICO)がどのようなものであるかを例を記して、注意を呼び掛けた。SECは多くのICOが無価値のトークン売却をすることで、詐欺を行っていると指摘。SECがつくった偽装トークンウェブサイト「HoweyCoin」では、規制当局が警告している、有名人が支援していたり、投資のリターンを保証したりしている様々な不正…

WSJ、ICO調査、1500のうち18.6%が不正【フィスコ・ICOニュース】

 米ウォールストリートジャーナル紙は17日、同社が実施した約1500のイニシャルコインオファリング(ICO)の分析結果を発表した。そのうち、18.6%に警告を促した。WSJは調査した1450のICOのうち、271が不正、または詐欺にあたる戦略を用いていたと警告を促した。ICOでコインを発行する事業体の住所や責任者の情報が偽っていたり、隠されていたほか、財政状況が機密にされていたり、公式報告書が盗用であったりと、不正な戦略は様々であるようだ。不正と判断された271が、すでに閉鎖。投資家の告訴で、当局が…

中国・アリババ社ジャック・マー氏「BTCはバブル」【フィスコ・ビットコインニュース】

中国・アリババ社(阿里巴巴集団)の創業者、現会長のジャック・マー氏は16日に行われた中国のイベントで、「ブロックチェーンはバブルではないが、ビットコインはバブルだ」と繰り返した。マー氏は何年もブロックチェーンを研究しており、個人、政府機関、民間企業、問わず全てのレベルでのデータのプライバシーや安全保障問題への対策として潜在性を持っていると強く信じていると力説。イーコマースの複合企業にとり安全保障は最優先課題だと主張した。ただ、新興のブロックチェーンが多くの投機家の注目になってしまっていることに遺憾…

米マイクロソフト検索サービスBing、仮想通貨関連広告を禁止へ【フィスコ・ビットコインニュース】

米マイクロソフトの検索サービス「Bing(ビング)」が14日、仮想通貨関連広告を禁止することを発表した。同社は、法規制が未整備の仮想通貨と関連商品の広告掲載は、ユーザーのリスクを高めることにつながるとの判断により、6月下旬から7月上旬の間に、仮想通貨及び関連商品、無規制のバイナリーオプションの広告を禁じることを決めたと説明する。仮想通貨関連広告の禁止については、1月に交流サイト(SNS)大手の米フェイスブック、3月に米グーグルの持ち株会社アルファベットと短文投稿サイトの米ツイッターが禁止措置を発表し…

個人投資家「クリプトマスター」■ドミナンスでわかる!?ビットコインの買い時売り時 【FISCOソーシャルレポーター】 

以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家「クリプトマスター」氏(インスタグラム「@kuriputomasuta」)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。—-ビットコインの値動きを分析するうえで注目されている『ドミナンス』とはいったい何なのか!? 今回は、「ドミナンス」の意味や使い方について解説していきたいと思います。1.ドミナンスとはドミナンスは、日本語訳すると「支配力・占有率・シェ…

仮想通貨の新会計基準、4~6月期決算から上場企業に強制適用【フィスコ・ビットコインニュース】

仮想通貨に関する新会計基準が2018年4~6月期決算から上場企業に強制適用されることが日経新聞の報道により明らかになった。新規定としては、四半期ごとに末時点で時価評価を行うことや、顧客から預かっている仮想通貨を貸借対照表の資産として計上することが定められたようだ。また、仮想通貨を大量に保有する上場企業は、仮想通貨相場の変動性が非常に激しいため、資産の変動リスクを念頭に入れる必要があることなども指摘されている。仮想通貨取引所を運営する上場企業には、「コインチェック」を運営するマネックスグループ、子会社…

中国政府直下のコンサルティング、仮想通貨ランキングを公開【フィスコ・アルトコインニュース】

中国政府直属の大手コンサルティング会社であるCCIDコンサルティングが、パブリックブロックチェーンのプロジェクトのランキングTOP15位を公開した。パブリックブロックチェーンとは、誰もが取引可能で、また取引の承認作業を世界中の任意の人物が参加可能となっているものを指す。ランキングは、基礎技術、応用性、イノベーション能力の3つの項目から各プロジェクトを評価し、それらの指数の合算が高いものから順に評価されている。このランキングによれば、1位から順に以下の仮想通貨が並ぶ。イーサリアム(ETH)、スチーム(…

仮想通貨のイベントスケジュール:5月17日更新【フィスコ・ビットコインニュース】

5月17日:ブロックチェーン4SDGs・DCサミット ディースクール・ワークショップ(開催地:北米)5月17日-18日:セブンス・アニュアル・リスク・アメリカズ 2018(開催地:北米)5月18日:ザ・2018・NYC・ブロックチェーン・センター・テック・アンド・インベスト・サミット(開催地:北米)5月18日:ADI・クリプト・マイニング・サミット(開催地:北米)5月18日-19日:アイブロックチェーン・サミット 2018(開催地:中国)5月18日-20日:イーサリアム・メンフィス(開催地:北米)5…

国内のICOカレンダー概要一覧:5月17日更新【フィスコ・ICOニュース】

【プロジェクト】Jupiter project【セール実施期間】5月7日~6月12日・クラウドセール2:5月15日~5月22日・クラウドセール3:5月23日~5月30日・クラウドセール4:5月31日~6月12日【概要】サイバーセキュリティを提供するプロジェクト。サイバーテロの脅威から外部セキュリティと内部漏洩の2つの視点で企業を守る。現地に集中監視センター(SOC)を作り、ハッカーの育成も行う。ブロックチェーンに特化し、世界最大のセキュリティフレームワークの開発と普及に注力する。ICOにより350億…

BTCは続落、Cboeの取引高は大幅減【フィスコ・ビットコインニュース】

 仮想通貨ビットコインは16日続落した。今週ニューヨークで開催されているブロックチェーンウィークが終了したら、再び上昇基調に入るとの期待も強い。米国東部時間午後5時の引け時点、Cboeビットコイン先物(5月限)は前営業日比2.9%安の8270ドル。出来高は894と、前営業日の7631から大幅に減少した。CMEビットコイン先物(5月限)は前営業日比3.5%安の8255ドルで推移。出来高は4891と、前営業日の4222を上回った。…