FISCO
イエレン前米FRB議長「ビットコインのファンではない」【フィスコ・ビットコインニュース】

米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン前議長はカナダで開催されたフィンテックフォーラムで29日講演し、ビットコインが通貨として不安定であると、非難した。講演内容は、仮想通貨の批評家で知られるエコノミストで、ニューヨーク大学のヌリエル・ルービニ教授の見解にほぼ一致。    実際にビットコインによって支払い取引が行われる数は非常に少ないと指摘した。多くが違法である可能性に加えて、ビットコインがテロリストやマネーロンダリングに利用されていることを懸念として挙げた。また、通貨は価値が安定している必要があ…

取引所コインベース、正式に評価額80億ドル規模の企業に成長【フィスコ・ビットコインニュース】

 主要仮想通貨取引所のコインベースは30日、シリーズEファンディングで3億ドルを調達したことを発表した。これにより、同社は評価額は80億ドル(9000億円相当)の企業に成長した。結果、同じくスタートアップの評価額71億ドル(7000億円相当)規模のスラック、76億ドル規模(8570億円相当)のインスタカートを上回ることになる。米国のタイガーグローバルを筆頭に、Yコンビネーターのコンティニュイティー・ファンドとウェリントン・マネジメントや仮想通貨ファンドのポリチェインキャピタル、仮想資産に焦点をあてた…

韓国ネクソン親会社、欧州大手仮想通貨取引所を買収【フィスコ・ビットコインニュース】

韓国のオンラインゲーム大手ネクソンの持株会社であるNXCの欧州子会社であるNXMHが、欧州最大手仮想通貨取引所のひとつであるビットスタンプ(Bitstamp)を買収したことが29日、同取引所の発表により明らかとなった。NXCは昨年9月にも、韓国三大仮想通貨取引所のひとつであるコルビット(Korbit)株の65%強を取得して子会社化しており、仮想通貨業界への投資を強化する構えとみられる。ビットスタンプは2011年創業と、仮想通貨業界の中では老舗の取引所。2016年にはルクセンブルク政府より、EU域内に…

10月30日の仮想通貨市場【フィスコ・ビットコインニュース】

30日のビットコインは、69.9~70.9万円で推移した。早朝に70万円を若干下回ったものの、緩やかなリバウンドが続いた。午前12時頃に大手仮想通貨取引所コインチェックが新規口座開設および一部仮想通貨の入金・購入の再開を発表すると急上昇し、71万円に迫った。国内ではインパクトの大きいニュースではあるものの、海外への影響は不透明だ。円建て価格の上昇に対して、ドル建て価格の上昇は限定的との声もあり、海外が主導する夜間の展開が注目される。…

Bitcoin.com CEO ロジャー・バー氏インタビューvol.5 仮想通貨技術の将来性【フィスコ 株・企業報】

◇以下は、FISCO監修の投資情報誌『FISCO 株・企業報 2018年冬号 −10年後の日本未来予想図』(10月5日発売)の巻頭特集「エンジェル投資家 Bitcoin.com CEO ロジャー・バー氏インタビュー」の一部である。全5回に分けて配信する。黎明期といえる2011年頃からビットコインの所有を始め、仮想通貨関連スタートアップのエンジェル投資家として業界をサポートしてきた、ロジャー・バー氏にお話を伺った。ロジャー・バー氏は仮想通貨ニュースサイトおよび仮想通貨のウォレット事業やクラウドマイニン…

マネックスG子会社の仮想通貨取引所コインチェック、新規口座開設再開【フィスコ・ビットコインニュース】

大手ネット証券のマネックス証券を中核とするマネックスグループは、完全子会社で仮想通貨交換業を運営するコインチェックが、新規口座開設および一部仮想通貨の入金・購入を10月30日より再開したと発表した。コインチェックは、今年1月26日の不正アクセスによる仮想通貨NEM(ネム)の不正送金について関東財務局から業務改善命令を受け、これまで部分的にサービスを停止していた。その後マネックスグループが4月、コインチェックの全株式を36億円で取得し、完全子会社化すると発表。コインチェックの体制を整備していく方針を示…

英当局、仮想通貨派生商品の個人投資家向け販売禁止を検討【フィスコ・ビットコインニュース】

 英国財務省、金融行動監督機構(FCA)、英国中央銀行による仮想通貨タスクフォースによる報告書が公表された。その中で、FCAは仮想通貨のCFDのような全ての派生商品の販売を禁止するなどの劇的な策を検討しているという。    タスクフォースは仮想資産のリスクとして以下を挙げた。・金融犯罪のリスク、仮想通貨が巣性やサイバー脅威として利用される可能性など    ・消費者のリスク、不安定な商品を購入する消費者は大きな損失を被るリスクに直面、詐欺などの対象にもなる、市場のサービスにアクセスするのも困難で、サー…

英金融行動監督機構、リテール向けの仮想通貨派生商品の売却禁止を検討【フィスコ・仮想通貨速報】

英国の金融規制当局、金融行動監督機構(FCA)はリテール向けの仮想通貨派生商品の売却禁止を検討

中銀の大半がデジタル通貨の発行を志向=IBM調査【フィスコ・ビットコインニュース】

IBMの世論調査レポートで、調査に協力した中央銀行のほとんどが中央銀行によるデジタル通貨を発行すべきだと考えているものの、ブロックチェーンが費用対効果の面で適切かどうかという点についてはまだ確信していないことが明らかとなった。IBMとOMFIF(Official Monetary and Financial Institutions Forum)によって先週リリースされた同報告書では、今年7月から9月の間に、21の中央銀行を対象として中央銀行発行のデジタル通貨とブロックチェーン技術関連の話題について…

10月29日の仮想通貨市場【フィスコ・ビットコインニュース】

29日のビットコイン(BTC)は、71.0~71.8万円で推移した。朝方に高値71.8万円をつけるとじり安基調に転じ、午後3時頃に下げ足を速めると、71万円台前半まで下落した。一部では70万円台前半をつける取引所もあった。大手仮想通貨取引所のコインチェックが29日付で利用規約を改正することから同取引所の再開に期待する向きもあったものの、価格を押し上げるには至らなかった。このところ相場を左右していたステーブルコイン(法定通貨とペッグして価格を安定させる仮想通貨)について、金融庁が改正資金決済法の定義す…