FISCO
三菱UFJ銀行と三菱商事ら、リップル技術を活用した国際送金の実証実験開始【フィスコ・アルトコインニュース】

 三菱UFJ銀行と三菱商事は、米・リップル社が提供する技術を活用したタイ・シンガポール間における国際送金の実証実験を開始することを14日付で発表した。三菱UFJ銀行の在タイ連結子会社である、アユタヤ銀行とスタンダードチャータード銀行を含め、4社が共同で実証実験を行い、国際送金の利便性とグループ内における資金効率の向上を目指す。リップル社は10日、米・メキシコ間で行った国際送金テストにおいて、同社のシステム「xRapid」を利用したところ、国際送金における費用を通常の40~70%削減することに成功した…

欧州中央銀行、金融機関が仮想通貨取引に関わることを規制【フィスコ・ビットコインニュース】

欧州中央銀行(ECB)のメルシュ理事は、14日、「仮想通貨を金銭とみなさない」と発言し、さらに「銀行と手形交換所が仮想通貨発行や取引などに関わる業務を行うことに対して規制を実施する」と述べたことが一部報道により明らかになった。金融機関に仮想通貨関連サービスを禁じる国家の動きとして直近のものにはインドやイラン、ジンバブエなどがある。今年4月5日、インドの中央銀行であるインド準備銀行(RBI)は、金融機関に対して3カ月以内に仮想通貨関連事業者へのサービス提供を停止するよう呼びかける声明を発表した。これに…

米ブラードSTルイス連銀総裁、FRB,ブロックチェーンFX研究していない【フィスコ・ビットコインニュース】

米国セントルイス連銀のブラード総裁はニューヨークで開催されているブロックチェーン会合での講演で、ビットコインなどの仮想通貨が誤った方向に向かう可能性、ディジタルコインが一部の米国経済に大混乱をもたらす可能性を警告した。通貨は本来信頼性があり、その価値を維持するものだと主張。これまで、非正規の通貨が存在したが、徐々に他のものに置き換わってきたと指摘した。ウォール街の銀行、金融機関が独自の通貨を発行することに警鐘を鳴らした。米国は南北戦争後、連邦政府は全ての通貨を米国ドルに統合することで、私的通貨問題…

CFTCのクインテンス氏、イーサーが証券であるかどうかの明確化必要【フィスコ・ビットコインニュース】

商品先物取引委員会(CFTC)のコミッショナー、Brian Quintenz氏は、ニューヨークでのイベントで、イーザーが証券であるかどうか明確にする必要があると主張した。同時に、CFTCがイーサーの派生商品の提供に興味があることを表明。今週は、ニューヨークのブロックチェーンウィークが開催されている。その一環として、コインデスク主催のコンセンサスコンファレンスを始め、イーサリアムサミット、トークンサミット、NYC ブロックチェーンテック&インベストサミット、ADI 仮想通貨マイニングサミットなど、2…

NYCのブロックチェーンウィークが開幕【フィスコ・ビットコインニュース】

  今週は、ニューヨークのブロックチェーンウィークが開催されている。その一環として、コインデスク主催のコンセンサスコンファレンスを始め、イーサリアムサミット、トークンサミット、NYC ブロックチェーンテック&インベストサミット、ADI 仮想通貨マイニングサミットなど、20以上のイベントが開催される。母の日だった13日には、「Women on the Block」という、女性投資家向けのイベントも開催された。コインデスク主催のコンセンサスコンファレンスの参加費は2000ドル(日本円約21.8万円)。に…

コインチェックNEM流出事件の手口が明らかに【フィスコ・仮想通貨コラム】

今年1月26日、大手仮想通貨取引所のコインチェックがユーザーから預かっていた約580億円分の仮想通貨ネム(XEM)が不正流出した事件で、サイバー攻撃の手口がNHKの取材により明らかになった。犯人は約半年間、同社の複数の社員と偽名でやりとりを行い、信頼を得た上でウイルスを仕込んだメールを送ったという。社員が知り合いからのメールと認識してそのメールを開いてしまったことで、パソコンがウイルスに感染したようだ。その後、犯人は外部から管理権限を奪って、保管されていた巨額のネムを盗み出したとみられているようだ。…

ジンバブエ中銀、金融機関に対し仮想通貨関連サービスを禁じる【フィスコ・ビットコインニュース】

ジンバブエ準備銀行(中銀)が国内の金融機関に対し、仮想通貨に関連するサービスを全面的に禁止したことを地元メディアのニュースデイが12日付で報じた。中銀の理事及び金融機関登録官を務めるノーマン・マタルカ氏が11日、金融機関に対して、60日以内に仮想通貨取引所との全ての取引の取り止めと既存の仮想通貨口座の残高の精算を書面により命じたという。ジンバブエは、ハイパーインフレーション後の2009年に自国通貨ジンバブエドルを事実上放棄し、2015年に廃止が決定された。2009年以降は米ドルなど複数の外国通貨が法…

フェイスブック、フェイスブックコイン真剣に検討へ【フィスコ・ビットコインニュース】

報道によると、世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を供給するフェイスブックは、自社の仮想通貨の発行を本格的に検討しているという。「フェイスブックコイン」に関する噂が広がるのは初めてではない。しかし、フェイスブックが幹部の再編を行い、3つの主要部門に分け、新たに、ブロックチェーンテクノロジー部門を設立することを発表したことを受けて、思惑が再燃した。ブロックチェーンテクノロジーは分散型の情報保管システムで、フェースブックが抱える多くの問題解決に役立つ。例えば、身元確認、広告販売な…

エヌビディアCEO、仮想通貨マイニング関連ビジネスがピークとの見通し【フィスコ・ビットコインニュース】

米国の半導体のエヌビディア(NVDA)は10日マーケット終了後に2-4月期決算を発表し、売上高、1株利益ともに予想を上振れた。収益は前年比で65.5%増。ゲーム関連は68%増、AIやVRは22%増、データセンターは71%増。また、仮想通貨関連の需要は非常に強く、OEMやIPの収益は148%増となった。売上のうちほぼ3億ドルを仮想通貨関連の売り上げが占めた。同社株は決算発表前、史上最高値を更新していた。しかし、その後、エヌビディアの決算が予想を上回ったにもかかわらず、ジェン・スン・フアン(社長兼CE…

BTC3週間ぶり安値、韓国当局による最大取引所の強制捜査を嫌気【フィスコ・ビットコインニュース】

仮想通貨ビットコインは11日、前営業日比5.5%安の8511ドル(コインデスク)まで下落し、4月20日以降3週間ぶりの安値を更新した。米国東部時間午前11時15分時点、Cboeビットコイン先物(5月限)は8605ドル、CMEビットコイン先物(5月限)は8600ドルでそれぞれ推移。ニューヨーク時間に入っても、韓国の検察が韓国最大の仮想通貨取引所であるアップビット(Upbit)を詐欺の疑いで強制捜索に踏み切ったとの報道が引き続き上値を抑制し、戻りは鈍い展開。他の仮想通貨も連れて下げた。コインマーケット…