FISCO
BTC3週間ぶり安値、韓国当局による最大取引所の強制捜査を嫌気【フィスコ・ビットコインニュース】

仮想通貨ビットコインは11日、前営業日比5.5%安の8511ドル(コインデスク)まで下落し、4月20日以降3週間ぶりの安値を更新した。米国東部時間午前11時15分時点、Cboeビットコイン先物(5月限)は8605ドル、CMEビットコイン先物(5月限)は8600ドルでそれぞれ推移。ニューヨーク時間に入っても、韓国の検察が韓国最大の仮想通貨取引所であるアップビット(Upbit)を詐欺の疑いで強制捜索に踏み切ったとの報道が引き続き上値を抑制し、戻りは鈍い展開。他の仮想通貨も連れて下げた。コインマーケット…

中国ファーウェイ、ビットコインウォレットをスマートフォンでダウンロード可能に【フィスコ・ビットコインニュース】

中国の通信テクノロジー企業大手のファーウェイが11日より、ビットコインウォレットを同社製のスマートフォンでダウンロード可能とする。同社の営業担当副社長のアレジャンド・デ・ラトール氏が、同社公式アプリストア内で、マイニングプールのビーティーシー・ドット・コム(BTC.com)のビットコインウォレットをリリースすることを明かしたことを10日付のブルームバーグが報じた。このウォレットは、同社初の仮想通貨アプリとなる。同社が今後発売する全てのスマートフォンにプレインストールされるほか、古い端末にも展開予定だ…

GMOコイン、「貸仮想通貨」サービスにおけるアルトコインの取り扱いを開始【フィスコ・アルトコインニュース】

大手仮想通貨取引所でありGMOインターネットの子会社であるGMOコインは、2018年5月より、「貸仮想通貨」サービスにおいてアルトコインの取り扱いを開始することを9日付で発表した。貸仮想通貨サービスとは、ユーザーが保有している仮想通貨を同社に貸し出すことにより、貸し出した仮想通貨の数量に応じた貸借料を受け取れるサービスである。同社は今年4月より「貸仮想通貨」サービスを開始しており、当初の対象通貨はビットコイン(BTC)のみだった。今回ビットコインに加え、新たにイーサリアム(ETH)、ビットコインキャ…

下値切り上げ形状となってきたビットコインチャートに変化、下値めど88万円も【フィスコ・ビットコインニュース】

ビットコイン価格は一時96万円台となり、5月に入ってからの安値を更新した。4月の60万円台を底として、異常値を除いて順調に下値を切り上げてきたが、それが途切れた格好となっている。直近安値68万円から同高値108の半値押し88万円近辺などもターゲットとして観測される。…

ビットコイン弱含む、国内大手仮想通貨取引所でハッキング被害との噂【フィスコ・ビットコインニュース】

昨夜から仮想通貨の上値が重くなっている。要因として、ツイッターをはじめとしたインターネット上で国内の大手取引所がハッキングにあったとの噂が拡がっていることが想定される。同社から発表や国内大手メディアの報道はまだないものの、ビットコインを含む仮想通貨ではリスク回避の動きが見られている。参考情報:過去のハッキングにおけるビットコイン価格への影響・2016年8月2日にビットフィネックス(Bitfinex)で発生したビットコイン消失事件⇒被害総額約120,000BTC(約777億円)⇒下落率13%程度・20…

資本主義の終焉、ブロックチェーンが織り成すニュー・エコノミー:べーすけ【FISCOソーシャルレポーター】

以下は、フィスコソーシャルレポーターの仮想通貨分析者のべーすけ氏(Twitter「@mag1cmax」)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。——–※2018年4月30日20時 に執筆ビットコインキャッシュの目標は5年間で50億人が利用することであるが、今回はその戦略を紹介しよう。CointextはSMS(ショートメッセージサービス)を使ってビットコインキャッシュを送金するシステムで第…

コダックブロックチェーン、ICOで5000万ドル資金調達目指す【フィスコ・ICOニュース】

 イーストマンコダック社とライセンス契約を結んでいるブロックチェーン、ディベロパーのWENNディジタルは10日、トークンオファリングで最大5000万ドルの資金調達を目指していることを明らかにした。アメリカ合衆国に本拠を置く世界最大の写真用品(写真フィルム、印画紙、処理剤)のパイオニア的存在でもあるイーストマンコダック社はWENNデジタルとの提携により、ブロックチェーン技術を活用したプラットフォーム「KODAKOne」と仮想通貨「KODAKCoin」を立ち上げ。コダックは、WENNデジタルと積極的にブ…

ファンドストラット、2019年末までの予想レンジ1BTC=2万‐6.4万ドル【フィスコ・ビットコインニュース】

 ファンドストラット・グローバル・アドバイザーの仮想通貨マイニングエコノミスト、サム・ドクター氏は顧客レポートの中で、ビットコイン価格は2019年末までに1BTC=6万4000ドル(日本円で約697万円相当)に達する可能性があるとの分析を示した。ビットコイン価格とマイニングの損益分岐点(P/BE)が信頼性のあるサポート水準となり、現在、将来のマイニングのインフラの展開が2019年末までの右肩上がりの上昇を支えていくと主張した。今後、18カ月の価格で、3万6000ドル(392万円相当)が最も可能性のあ…

個人投資家「クリプトマスター」【2018年|仮想通貨市場を狙う大口投資家まとめ】【FISCOソーシャルレポーター】

以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家「クリプトマスター」氏(インスタグラム「@kuriputomasuta」)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。—-国内では、DMMやSBI、マネックスGなど、仮想通貨取引所の運営に参入する動きが加速していますが、海外でも著名投資家が仮想通貨市場への参入を表明しています。今回は、そんな『海外大口投資家』の動きをまとめてみました。■スティーブン・…

仮想通貨のイベントスケジュール:5月10日更新【フィスコ・ビットコインニュース】

5月8日-11日:フィノベート・スプリング2018(開催地:北米)5月12日-13日:ビットコイン・アンド・ブロックチェーン・フェア2018(開催地:オーストラリア)5月13日:クリプト・エコノミー・ICO 2018(開催地:北米)5月14日-16日:コンセンサス2018(開催地:北米)5月15日:ビットコインキャッシュ・ハードフォーク5月16日午後4時:CBOEビットコイン先物5月物SQ(日本時間17日午前5時)5月17日:ブロックチェーン4SDGs・DCサミット ディースクール・ワークショップ(…