FISCO
BTCは下落、出来高増【フィスコ・ビットコインニュース】

 仮想通貨ビットコインは米国東部時間7日午後5時時点、前営業日比2.7%安の9419ドルで推移した。米マイクロソフト(Microsoft)共同創業者のビル・ゲイツ氏、バークシャーハサウェイの会長兼CEOウォーレンバフェット氏、副会長のチャーリー・マンガー氏など著名投資家が、ビットコインに関して否定的な見解を示したことが下落の一因となった可能性がある。シカゴ先物の出来高は増えた。Cboeビットコイン先物(5月限)は2.9%安の9420ドルで推移。出来高は5156と前営業日の4526を上回った。CMEビ…

イーサリアム大幅安、SECの「ETHは証券」との判断に警戒【フィスコ・ビットコインニュース】

 イーサリアムは7日約6%下落した。米国の証券取引委員会(SEC)が7日の会合で、仮想通貨の中でも時価総額がビットコインに続き第2位のイーサリアムを証券として扱うかどうかを協議するとの憶測が広がり、売りにつながった。連れる形で、ライトコイン、リップルといった通貨も弱い。ビットコインも弱い。イーサリアムに連れた売りに加えて、米マイクロソフト(Microsoft)共同創業者のビル・ゲイツ氏やバークシャーハサウェイの会長兼CEOウォーレンバフェット氏、副会長のチャーリー・マンガー氏といった著名投資家による…

著名投資家はBTCを資産として却下【フィスコ・ビットコインニュース】

米マイクロソフト(Microsoft)共同創業者のビル・ゲイツ氏は7日、バークシャーハサウェイの会長兼CEOウォーレンバフェット氏、副会長のチャーリー・マンガー氏とともにCNBCとのインタビューに答え、もし容易な方法があれば、ビットコインを「売り持ちにするだろう」と述べた。資産区分としては、「何も生産しない」と訴えた。自分の誕生日の贈り物で、もらったことがあるが、数年後に売却済みであることも明らかにした。バフェット氏は5日、バークシャーハサウェイの年次株主総会で「最大の仮想通貨は「おそらく、殺鼠剤…

ブロックチェーン大手ビットフューリー、保険システム構築に向けて三社提携【フィスコ・ビットコインニュース】

世界有数のブロックチェーン企業であるビットフューリーと保険会社ビーズリー、世界最大の国際保険取引所ロイズの保険引受会社リスク・コポラティブは、ブロックチェーンを基盤としたクライシス保険とリスク管理システムの構築において提携したことを1日付で発表した。提携三社は、ブロックチェーンの事業サービスで台頭してきているエマーコインの開発チームとともに協働しているという。エマーコインとは、仮想通貨であり、様々な分散型認証サービスを提供する分散型ブロックチェーンプラットホームである。エマーコインは高い信頼性、堅牢…

米S&Pダウ・ジョーンズ・インデックス、仮想通貨指数提供に慎重な姿勢を示す【フィスコ・ビットコインニュース】

米指数算出会社S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスの最高経営責任者(CEO)であるアレックス・マトゥーリ氏は4月に行われたインタビューに対して、顧客から仮想通貨指数の算出を求められていることを明らかにした。同氏は、「現時点では提供の予定はない」と述べた一方で、仮想通貨のコンセプト及びブロックチェーン技術については好意的な見方を示している。同社が仮想通貨指数を提供する上で問題となるのが、米証券取引委員会(SEC)の仮想通貨への姿勢だ。SECは1月、仮想通貨の投資信託やETFに対して投資家保護が不十分で…

ライオットブロックチェーン、4月BTC生産拡大【フィスコ・ビットコインニュース】

 仮想通貨関連企業のライオット・ブロックチェーンは2018年4月の仮想マイニング(採掘)生産動向を発表した。未監査の発表で、約100のビットコイン(BTC)、61のビットコインキャッシュ(BCH)を生産したという。生産は3月分から45%増。ライオット・ブロックチェーンは日中平均で4065の仮想ASIC(特定アプリケーション向け集積回路)を利用。5月末までに8000達成する目標の軌道上にある。結果を受けて、ニューヨーク市場で同社株は4日、一時8.15ドルまで上昇。しかし、投資家の同社への懐疑的見方は完…

ダドリーNY連銀総裁、「BTCは投機、ブロックチェーンは興味深い」【フィスコ・ビットコインニュース】

 NY連銀のダドリー総裁は4日に行われたブルーンバーグのイベントで、ビットコインは「良好な通貨」ではなく「価値の保存にも使用できない」とし、現時点では「投機」との見方を繰り返した。ただ、ブロックチェーンテクノロジーに関しては、非常に興味深いとの見解。他の中央銀行のメンバーの見解に一致する。国際通貨基金(IMF)のラガルド理事は、仮想通貨に均衡したアプローチを呼びかけ。このため政策当局は、リスクを最小限にとどめ、創作的なプロセスが実を結ぶような中立的な規制の骨組みの創設に取り組み、オープンマインドでい…

ウォール街の銀行、GSに追随も【フィスコ・ビットコインニュース】

 ブロックチェーンのベンチャーキャピタリスト、スペンサー・ボガート氏はCNBCとのインタビューで、ゴールドマンサックスに続いて、他の銀行もビットコインのトレーディングの運営に踏み切ることになるだろうとの見方を示した。「仮想通貨市場は無視するには大き過ぎる」と指摘。ゴールドマンサックスは、ウォール街の銀行の中で初めて、今後数週間内に、ビットコインのトレーディングの運営を開始すると、2日付のニューヨークタイムズ紙が報じた。ボガート氏は、ゴールドマンの動きが仮想通貨市場にとり「大きなステップだ」と歓迎する…

ハンソン・エストニア中銀総裁「仮想通貨に大きな未来は見られない」【フィスコ・ビットコインニュース】

 欧州中央銀行(ECB)のハンソン・エストニア中銀総裁は3日、エストニア共和国の首都タリンでの議会証言で、「仮想通貨に大きな未来は見られない」と述べた。中央銀行の問題は規制にある。ただ、欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は、過去に仮想通貨に関する規制は「ECBの管轄外だ」と、繰り返し主張した。…

CFTC高官、仮想通貨規制でSECとの連携の必要性強調【フィスコ・ビットコインニュース】

 米商品先物取引委員会(CFTC)のブライアン・クインテンツ(Brian Quintenz)コミッショナーは2日にワシントンで開催されたFIA Law and Compliance conferenceで講演し、仮想通貨の規制に関し、米証券取引委員会(SEC)と他の当局と協調していく必要性を強調した。SECとCFTCの間で、規制監督で連携に向けて作業を進めている過程であることを明らかにした。詐欺や市場操作などを焦点にしている。CFTCはすでに、特別チームを形成していることを再表明するとともに、SEC…