FISCO
LTCの創立者リー氏、保有コイン売却を後悔も【フィスコ・アルトコインニュース】

 仮想通貨(アルトコイン)のライトコイン(LTC)価格は、ライトコイン創立者チャーリー・リー氏が2017年12月に自身が保有する全コインを売却後、50%下落した。しかし、リー氏は最近のTexXの共同創立者、ジュリアン・ホスプ氏とのインタビューで、売却が間違っていた可能性があるとの見方を示した。売却は長期的には正しい選択だったと思うが、現在のところは正しいとは思えないと認めた。リー氏は昨年12月に保有コインを売却したことが個人的な利益だと非難され、加えてリー氏がLTCを売り持ちに転じたと思っている投資…

BTC、続伸、再び1万ドルも視野に【フィスコ・ビットコインニュース】

仮想通貨のビットコインは27日続伸した。投資家心理が改善しつつあるほか、確定申告の通過で新規投資が継続していると見られる。CBOEビットコイン先物(5月限)は一時9400ドルまで上昇し、心理的節目である1万ドル(日本円109万円)を再び試す展開となった。CMEビットコイン(4月限)は9375ドルまで。…

フィリピン政府、経済特区に仮想通貨事業を許可【フィスコ・仮想通貨速報】

フィリピン政府が仮想通貨取引所10社に対して、カガヤン経済特区における事業展開を許可する方針であることが一部報道で明らかにした。対象となる10社は、日本、香港、マレーシア、韓国などの企業で、正式に認可が下りれば、仮想通貨やマイニング、ICOといった事業を展開できるという。フィリピン・ルソン島北部のカガヤン経済特区及び自由港の開発を管理・監督する、フィリピンの代表的な投資融資機関の1つであるカガヤン経済特区庁は、フィンテック企業と提携することで、グローバルな商取引の推進、貿易の拡大、また同地域の経済発…

個人投資家株師孔明:2018年4月の仮想通貨市場を振り返る【FISCOソーシャルレポーター】

以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家「株師孔明」氏(ブログ「株師孔明の株&仮想通貨ブログ」)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。—-※2018年4月27日9時に執筆【株師孔明の株&仮想通貨ブログ】にて、株や仮想通貨のブログを執筆している「株師孔明」と申します。どうぞ、お見知りおきを。2018年4月は、仮想通貨市場にとって大きな動きのある月となった。4月2週目に入り仮想通貨の主力…

BTC、小動き、出来高低調【フィスコ・ビットコインニュース】

 仮想通貨ビットコインは26日小幅反発した。米国東部時間午後5時時点、CBOEビットコイン先物(5月限)は0.1%高の9080ドルで推移。出来高は5887と、前日の18210を下回った。また、CMEビットコイン(4月限)は0.9%高の9055ドルで推移。出来高は4760と、前日の10346を下回った。出来高は低かった。__…

Pantera CapitalのCEO、「BTCは今が買い時」【フィスコ・ビットコインニュース】

 仮想通貨へ投資しているヘッジファンド、パンテラ・キャピタル・マネジメントの最高経営責任者(CEO)、ダン・モアヘッド氏はブルーンバーグTVとのインタビューで、ビットコインは今が買い時との見解を示した。_パンテラは現在、投資全体の10%をビットコインに投資している。最大の投資はIconだという。モアヘッドCEOはビットコインが今後12カ月のうちに新たな高値を更新し、現状で4000憶ドル規模の仮想通貨市場が4兆ドルの市場規模に膨れ上がる可能性を予想している。また、40兆ドル規模に拡大することも可能だと…

ビル・ハリス氏、BTCは詐欺、規制当局は取り締まりを【フィスコ・ビットコインニュース】

 決済サービスを提供するペイパルと会計ソフトの最大手インチュイットの前最高経営責任者(CEO)を勤め、Personal Capital Corpの創設者、ビル・ハリス氏は、ビットコインを、「詐欺だ」と警告した。_価格を大幅に持ち上げ、下げるスキームで、その規模は今まで見たことのないほど巨大だとし、間違った情報を与えられた買い手が価格を吊り上げ、最終的にその富は一般的な家庭からインターネットプロモーターに転嫁されることになると訴えた。また、ほとんどの店で使用できず、支払いの手段にもならない、変動率も高…

米AMDのQ1決算、収益10%を仮想通貨マイニングが占める【フィスコ・ビットコインニュース】

 米国の半導体メーカー、アドバンスト・マイクロ・デバイセズ (AMD)は25日に1−3月決算で予想を上回る結果を発表した。代表取締役社長兼最高経営責任者(CEO)、リサ・スー氏は26日、CNBCとのインタビューで、決算に関しての詳細を語り、特にゲームやデータセンターのビジネスの強さに焦点を当てた。ヒューレット・パッカード (HP)やデル、レノボが新たな顧客として加わったとした。さらに、マイクロソフトもAMDサーバーの製品を増やすという。_1−3月期決算の収益10%を仮想通貨マイニングが占めることも明…

仮想通貨の総合案内「ビットコインの窓口」実店舗、恵比寿にプレオープン【フィスコ・ビットコインニュース】

株式会社ビットコインの窓口は、5月7日より仮想通貨の総合案内窓口実店舗「ビットコインの窓口」を、東京・恵比寿にプレオープンする(4月25日付で発表)。同店舗では、仮想通貨取引における取引所・販売所の情報や、口座開設にかかる情報を、店舗スタッフが説明する。ユーザーが仮想通貨の情報を正しく理解し、安心して仮想通貨取引をできるようにサポートすることを目的としている。プレオープンの予約は同社ホームページにて受け付けており、本オープンは2018年9月の予定だ。取り扱い可能な取引所・販売所は、Zaif、bitF…

金融機関の20%が仮想通貨のトレーディングを検討=トムソン・ロイター調査【フィスコ・ビットコインニュース】

米大手情報会社トムソン・ロイターが行った調査により、一年内に金融機関による仮想通貨取引への参入が増加する可能性が高いことが明らかになった。24日付の同社発表によると、約400以上の顧客企業を対象に調査を行った結果、調査参加企業の20%が次の3~12カ月以内に仮想通貨取引の開始を検討していると回答したという。2018年内に仮想通貨取引を行う予定と回答した企業においては、約70%が次の3~6カ月以内の参入を計画していると回答。その他にも22%の企業が6~12カ月以内に取引開始を計画していると回答したと見…