FISCO
BTC下落要因「Bakktの売り持ちとBitMEX」=JPモルガン戦略アナリスト【フィスコ・ビットコインニュース】

米最大手投資銀行JPモルガン戦略アナリストは、24〜26日のBTC大暴落を引き起こした要因を分析し、可能性の高い2つのポイントを投資家向けの報告書で明かした。米最大手投資銀行JPモルガンの戦略アナリストは、24〜26日のBTC大暴落を引き起こした要因をBakktやBitMEXに関連したものだと分析した内容を投資家向けの報告書を公開した。当時のビットコイン価格は、10,200ドルから7,700ドルまで下落し、一時的にパニック状態に陥っていた。報告書では、JPモルガンの戦略アナリストNikolaos P…

SNBのモーサー理事、仮想通貨が金融安定リスクになると警告【フィスコ・ビットコインニュース】

 スイスの中銀であるスイス国立銀行のモーサー理事は27日スイス、ジュネーブで開催された「デジタル通貨の将来と金融システム」に関する会合において、ブロックチェーンや仮想通貨が潜在的に世界の商業銀行のリスクを生むことになると警告した。現在のところ、混乱をもたらしていないが、潜在的には金融安定リスクになりかねないとの考えを示した。同時に、スイスフランや人民元が共存していると同様に、法定通貨と共存していくことも想像できると加えた。…

カヤック、神奈川県の「SDGsつながりポイント」に「まちのコイン」を活用【フィスコ・ビットコインニュース】

ソーシャルゲーム事業やクライアントワーク事業などを手がけるカヤックは26日、神奈川県が今年度から実施する「SDGsつながりポイントシステム構築業務」を受託したと発表した。神奈川県は都道府県のなかで唯一、SDGs(持続可能な開発目標)未来都市および自治体SDGsモデル事業に選定されているという。「SDGsつながりポイントシステム構築業務」とは、神奈川県がSDGsの達成に向けて、地域の社会的課題の解決に向けた活動に、ポイントを通じて、住民、店舗・企業の直接・間接的な参加を促すという事業で、SDGsのさら…

LINE子会社、仮想通貨取引サービス「BITMAX」のiOS版を提供開始【フィスコ・ビットコインニュース】

LINEは26日、グループ会社で暗号資産(仮想通貨)事業やブロックチェーン関連事業を手がけるLVCが、仮想通貨取引サービス「BITMAX」を、26日よりiOS版にて提供を開始したと発表した。同社は今月17日、「BITMAX」をアンドロイド版で提供開始していた。「BITMAX」はコミュニケーションアプリ「LINE」の「LINEウォレット」タブからアクセスでき、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)の計5種類の仮想通貨…

カシュカリ米MN連銀総裁、仮想通貨はガラクタ、ドルの競争通貨にならない【フィスコ・ビットコインニュース】

 米ミネアポリス連銀のカシュカリ総裁は26日、モンタナ州でのタウンホール会合で講演し、仮想通貨がドルの競争通貨になることを懸念していないと述べた。仮想通貨は「がらくたコインだ」と一蹴。仮想通貨ビットコインは26日も続落し、一時8000ドルを割り込み3カ月ぶりの安値を更新した。…

トム・リー、仮想通貨市場(ビットコイン)暴落に米S&P500の影響を指摘【フィスコ・ビットコインニュース】

25日のビットコイン急落について、著名アナリストのトム・リー氏は、米株式市場と仮想通貨市場の相関性を指摘した。一方、市場関係者からは、この見解に懐疑的な意見も少なくない。昨日のビットコイン価格急落についてリー氏は、ビットコイン価格とS&P500との相関関係について言及した。「株価のリスクオフに伴う売却に従い、ビットコイン価格が急落したのではないか。トレンドレス環境において、ビットコイン価格は振るわないという見方が強まっている。ビットコイン価格が上昇するためには、S&P500(アメリカの代表的な株価指…

ビットフライヤー、プロ向け取引ツールにETH /JPY ペアを追加【フィスコ・アルトコインニュース】

暗号資産(仮想通貨)取引所の最大手ビットフライヤーは25日、9月26日よりプロ向け仮想通貨取引ツール「bitFlyer Lightning」において、イーサリアム対日本円(ETH/JPY)を追加する予定であると発表した。ETH/JPYは、既存の現物通貨ペアであるビットコイン対日本円(BTC/JPY)、イーサリアム対ビットコイン(ETH/BTC)、ビットコインキャッシュ対ビットコイン(BCH/BTC)と同じく、「bitFlyer Lightning」の画面で取引でき、26日時点ではPCやスマホウェブお…

LastRoots社、オウケイウェイヴを引受先とした1億円の第三者割当増資を発表【フィスコ・ビットコインニュース】

暗号資産(仮想通貨)取引所c0banを運営するLastRoots社は25日に開催した臨時株主総会において、オウケイウェイヴを引受先とする1億円の第三者割当増資を決議したと発表した。同社は2017年3月に仮想通貨取引所c0banをオープンし、2017年9月には仮想通貨交換業者として金融庁へ登録申請書を提出している。それ以降、金融庁へ登録申請中のみなし業者として営業しており、2019年4月にオウケイウェイヴの連結子会社となった。同社は2019年4月にもオウケイウェイヴを引受先とした3.5億円の第三者割当…

暗号資産(仮想通貨)のイベントスケジュール:9月26日更新【フィスコ・ビットコインニュース】

9月27日:CMEのビットコイン先物9月物SQ(日本時間9月28日午前0時)10月2日-10月3日:日本最大級のブロックチェーン・カンファレンス「b.tokyo 2019(ビー・トウキョウ2019)」(開催地:日本)10月5日:アンブロック・トウキョウ:エコシステム・ファースト・トラック(開催地:日本)10月7日-10月15日:ジャパン・ブロックチェーン・ウィーク(開催地:日本)10月8日-10月11日:大阪・ブロックチェーン・ウィーク(開催地:日本)10月13日:トウキョウ・プライバシー2.0・ブ…

ビットコイン戻り鈍く、200DMA試す展開か【フィスコ・ビットコインニュース】

 仮想通貨ビットコインは25日、前日の急落後、いったん売り圧力が弱まった。米国の政局不安が一服し、金融市場が反発したことが支援した可能性がある。しかし、依然戻りは鈍く、重要な節目となる200日移動平均水準を7005.77ドルを試す可能性もある。…